肌が弱い人こそお湯だけ入浴

スポンサーリンク
この記事はこんな方向け
・肌のことで悩みがある方
・シャンプーやボディーソープを使わなくても大丈夫なのか心配な方

はじめに

今回の質問と自分の回答はこちらです。

肌に関する悩みはありますか?

幼少期はアトピー、夏はあせも、冬は乾燥でカブれに悩まされていました。

自分はここ2年ほどシャンプーもボディーソープも使わない入浴を続けています。「シャンプー使わないなんて不潔でしょ」と思われるかもしれませんが、きちんとした方法を踏めば、シャンプーを使うよりもいいと思っています。最近は湯シャンなんて言葉もあります。そこで今回する内容は次の2つです。

・なぜ、シャンプーを使わない状態に至ったか
・お湯だけの入浴をする上での注意点

お湯だけ入浴に至った理由

  • どんなシャンプー、ボディーソープを使っても肌の状態がよくならなかった
  • お湯だけ入浴にしてみたら肌の状態がよくなった
  • シャンプーを購入するお金をケチった

どんなシャンプー、ボディーソープを使っても肌の状態がよくならなかった

最初に書いた通り、肌が弱い体質だったので、「メリット」「Curel」のような肌が弱い方向けの商品などを試したのですが、全然よくならず、むしろ入浴後のほうが肌がパサパサするような感覚がありました。

この時点で「もしかしてシャンプーの類を使っている時点でアウトなのでは」と疑問を抱きました。

お湯だけ入浴にしてみたら肌の状態がよくなった

とはいえ、本当にシャンプーを使うこと自体の善悪はわからなかったので先ずは1日おきに使う日と使わない日を繰り返す生活を1〜2ヶ月試してみました。すると、使わない日は肌のカブれやあせもが全然出ない、元々サラサラ気味だった汗もよりサラサラしてベタつかないという明確な変化があったので「これは毎日やるしか!」ということで現在に至っております。

これは勝手な想定ですが、シャンプーやボディーソープを使ったことで最低限必要な皮脂がなくなって、かえってカサカサになっていたのでは?と思っています。

シャンプーを購入するお金をケチった

スポンサーリンク

当然ながらお湯だけ入浴の結果、シャンプーの購入がいらない分は節約になります。生活コストを極限まで落としたい方にはおすすめです。年間でいうと2000〜5000円くらいで決して大きくはありませんが、もしこれを不労所得や株の配当で賄うならざっくり10万円分に相当します。

自分が目指している経済的自由を達成するには必要な資産額が小さいに越したことはないので、10万円分の蓄財だって無視できません。それかシャンプーに使っていたお金を削らなくても、その代わりに
・ちゃんとした食事を取る
・保湿剤を買う

こういう風にお金の使い方を帰るのも有意義かと思います。

経済的自由への第一歩はミニマムライフコストの計算

お湯だけ入浴をする際の注意点

続いては、お湯だけ入浴するなら頭に入れておいた方がいいことです。

  • 少しずつ試して、変化を確認する
  • できるだけ湯船に浸かる、できないなら時間をかけて頭も体も洗う

少しずつ試して、変化を確認する

いきなり毎日使っていたのを0にするのは変化が大きいのでお勧めしません。個々人で「これぐらいでやってみるか」と完全なお試しとして始めてみてください。

週1日とか月1日に「シャンプー断食」「シャンプーデトックス」のつもりで始めるので十分だと思います。特に最初はシャンプーを使わない洗い方などにも慣れないといけないので。

できるだけ湯船に浸かる、できないなら時間をかけて頭も体も洗う

入浴を皿洗いに例えると
・洗剤を使う場合:すぐに油汚れが落ちる
・洗剤を使わない場合:水かお湯に長時間浸けておかないと汚れがとれなおい
のと一緒で、汚れが落ちたと感じるのにかかる時間はシャンプーを使う時よりもかかります

かといって、湯船に浸かると言うことは、ガス代、電気代に響くので
・湯船に浸かる日:お湯だけ
・シャワーだけで済ませる日:いつも通りシャンプーを使う
みたいにして塩梅を探るのがいいと思います。

おわりに

いかがでしたか?いきなり毎日使っていたのを0にするのは極端ですが、特に肌が弱いと言う方には一度試す価値のある方法だと思います。

今ではやり方に関する情報も出回っていて他人の情報を参考にしやすい環境ですし、節約というおまけもついてくるので、気になった方は是非試してみてください。

****

以上でこの記事は終わりです。
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。
自分で考え、決めて、行動して、一緒によりよい時間を増やしましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA