こうなったら無理せず休むべきリスト

スポンサーリンク
この記事はこんな方向け
・ついつい無理しがちな方
・自分の体調変化に気づくのが遅い方

はじめに

今回の質問と自分の回答はこちらです。

これまでに体調が不思議おかしくなった経験はありますか?

不定期にまずくなる兆候を経験しています。

自分は入院とか長期療養になるほどではありませんでしたが、不定期に 「これはまずいな」と思う体調の異変を感じることがあります。そういうときは大人しく休むように心がけています。そこで今回紹介するのは次の2つです。

・無理をするのはよくない理由
・これまで感じたことのある事例

無理の放置はNGな理由

体への無理を放置するのがよくない理由、それ気づいた時には手遅れになっていることが多いから。特に「自分は大丈夫のはずだ」「健康には自信がある」こういう方ほど、少々無理がきくと思って頑張りがちです。

かくいう自分も体調がちょっとおかしいなと思っても
「何か万一病名を診断されたら嫌だな」とか
「病は気からというから、気にしないことにしよう」

と考えて自分にストップをかけないので人様にどうこう言える立場ではありません。

ただ、明らかにおかしいと思った時には頑張るペースを落とします。
・勉強→1日だけ休んでみる
・仕事→毎日残業続きだけど、週に1回だけは定時で帰る、電車1本分早く帰る

これくらいで全然いいと思います。

特に働き始めてから色んな方から「しんどいと感じたら、絶対に無理をするな。メンタル病むくらいなら、その前に休んでしまった方がいい」と言われます。
心の病とかで苦労される方にはそれだけ手を抜けずに頑張ってしまう方が多いと言うことでしょう。

これまで感じた体調不良のシグナル

自分の中ではこういう状態になってたらまずいというものがいくつかあるので紹介します。

  • まぶたの痙攣
  • 急激な食欲不振と体重減少
  • 季節に関係なくやってくる寒気
  • 無気力状態
  • 四六時中「生きる意味」について考えている

まぶたの痙攣

スポンサーリンク

無意識にまぶたがピクピクするやつです。高校、大学受験のときと働き始めてからやってきた繁忙期で症状が出てきます。眼瞼痙攣(がんけんけいれん)といいます。生活に実害があるかと言われればないですが、気になりはするので気になるなら眼科に行くことをお勧めします。

自分は高校受験のときに受診したら医者から「ストレスが原因です」と言われました。

急激な食欲不振と体重減少

自分は食べるの大好きで、当時は暇さえあればYouTube視聴しながら食べ物のことばっかり考えていたのですが、

急に丸3日間、何も食べれませんでした。

食べたいけど、胃が受け付けないような状況です。当然ながらその数日間で3〜4kgほど意図せずして痩せてしまいました。人間の三大欲求といえば、食欲、睡眠欲に性欲がありますが、そのひとつの食欲を本能的に受け付けないということはそれだけ体の状況がまずいと認識すべきです。

過去に2〜3回この手の経験がありますが、いずれもメンタルは宜しくない状態でした。

季節に無関係な寒気

特に夏に感じたらまずいです(去年の自分)。勝手な推測ですが、本来暑いと感じるべき時期に寒いと感じるということは体温調節機能が全然はたらいていないことになります。

「熱もないのに体感温度がおかしい」と思った時には相当やばいと思った方がいいと思います。去年経験したときも、この症状が出たときが一番体調が崩れていたと思います。まわりには大丈夫と言いますが自分の中では「たぶんまずいなー」とは認識してました

無気力状態・四六時中「生きる意味」について考えている

これは体調がすぐれない結果の話です。何をしても楽しくないし、そもそも何もしたくないからずっと寝ていたい気持ちになるのです。

あと生きる意味を考えているときは例外なく生きているのが何となく辛いから、そういう行為に走っているように思います。

おわりに

読んでいるあなたにも当てはまることはありましたか?
もしあれば、少しペースダウンして体調を取り戻すのもいいと思います。

自分は早く退社するとか、やりたいことが思い浮かぶまでは敢えて何もしないでみるとか、兎にも角にも気持ちの負担が増えないように気をつけています。

自分の体を大切にできるのは自分だけですから、ちょっとした違和感や変化に敏感になって健康維持を目指しましょう。

****

以上でこの記事は終わりです。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

自分で考え、決めて、行動して、一緒によりよい時間を増やしましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA