ガボールパッチの体験談

スポンサーリンク
この記事はこんな方向け
・目にいい習慣を取り入れてみたい方
・ガボールパッチのことを知らない方

はじめに

今回の質問と自分の回答はこちらです。

視力を上げるために何か試したことはありますか?

マジカルアイとなんちゃってメガネとガボールパッチを試したことがあります。

現代社会はスマホやらゲームやら顔を近づけて触れるもの、触れる時間が増えたせいで小中学生にしてメガネやコンタクトを使っている方も多いかと思います。

自分は高校受験の時に勉強をしすぎたのがきっかけで視力1.0から一気に0.1以下まで落ちてしまって現在に至りますが、なんとか視力を回復できないものかと色々試してきました。

そこで今回は直近ためしている
・ガボールパッチってなに?
・ガボールパッチをやってみた感想

を紹介します。

ガポールパッチって何?

週刊東洋経済でガボールパッチを取り扱った記事があるので気になる方はこちらも参照されたらいいかと思います。

ガボールパッチというのは下のような白黒の縞模様のことです(写真は自分が使っているアプリガボールパッチで視力回復トレーニングの画面)。

例えば上の場合だと緑で囲まれた枠と同じ模様のものを探すという訓練を毎日すると視力が上がるんじゃない?という嘘かほんとかわからないものです。

週刊東洋経済の記事にも書かれていますが、ガボールパッチ自体は別の目的で使われているものなので視力回復のツールとして作られたものではありません。そのせいか、自分がGoogle scholarで調べた限りでは視力回復効果を調べた論文は見つかりませんでした。もしかしたら調べ方が悪いだけかもしれないですけど・・・。

視力が悪くなるのは①眼そのものの異常(ピントが合わせられないとか乱視が入っているとか)か②脳の異常(ちゃんとピントは合わせれるけど、脳が画像として処理するときにおかしいになっている)のどちらかな訳ですが、ガボールパッチは後者に対して働きかけているという主張です。

ちなみに自分はマジカルアイと呼ばれる割りかし有名なやつも試したことがありますが、あれは眼の体操みたいな感じなのでガボールパッチとは別のアプローチだと思います。

ガボールパッチを試してみた結果

ガボールパッチは何で試せるの?

実践したければ本を買うという手もあるのですが、小さくはじめたかったので無料のアプリを使ってます。

スポンサーリンク

ガボールパッチで視力回復トレーニングです。

プレイした後に広告が入るとか、過去の履歴がわからないくらいで普段使いする上では一切困りません。

また、通常の視力測定とは違いますが視力レベルということでランドルト環を使った視力測定ができるので、これで視力改善をチェックできるというわけです。ランドルト環は下みたいなやつです(かつてトリビアの泉でも紹介されていた!)

3分モードか1分モードか選べますが、自分は3分モードでやってました。する時間は適当で通勤中の時もあれば朝散歩中の小休止の時もあってバラバラです。

時間を揃えたほうがいいのかもしれませんが、厳密にすると続かない気しかしなかったのでそこら辺は適当で。

で、試してどうだった?

実は始めるときの視力レベルを確認しないで始めてしまったのでどれだけ改善したかがわかりません・・・。

ただ、途中経過だけはとってあるので紹介します。
・はじめて30日目→レベル15
・ 〃  40日目→レベル17
・ 〃  50日目→レベル16

ということで完全に横ばいです。まぁ、そんなに期待はしていなかったのでガッカリもしてませんが笑。

科学的な信憑性は置いといて、おそらく視力が回復する方というのは元の視力がそこまで落ちていない方だと思います。マジカルアイもそうなんですが、眼がよくなったという嘘か本当かレビューでもよくあるのは
・0.4から0.7 とか
・0.2から0.5

みたいに極端に悪くない方が多い印象です。

最近裸眼視力はまともに測っていないので不明ですが、5年ほど前にメガネを新調したときは両目0.02だったので時既に遅しのやつだと思ってます。

ちなみに生まれてこの方視力がいい方は、視力が悪い世界がbuzzfeedの記事にのっているので見てみてください。

この記事では1.5と0.01の世界がありますが、自分は中学までは1.0以上あったので天と地獄も両方わかっていますが、載っている写真の状態で両方とも正しいです。0.1を下回ると人なのはわかるけど輪郭とかはさっぱり分からんって感じになります。

おわりに

そもそもマジカルアイとかガボールパッチで視力が本当によくなるならレーシックとかICLとか存在しなくていい訳ですから、良くなったらラッキーぐらいで試すのはいいと思います。

あと、自分は視力が特に変わらなかったわけですが眼の体操にはなるという感触があるので眼を良くするというよりはこれ以上悪くしないためにこれからも続けようかと思っています。

****

以上でこの記事は終わりです。
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。
自分で考え、決めて、行動して、一緒によりよい時間を増やしましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA