作業の時間は区切るべきか?

スポンサーリンク
この記事はこんな方向け

  • 効率よく作業や勉強を進めたい方
  • 集中するために色々試しているけど、うまくいかない方

はじめに

今回の質問と自分の回答はこちらです。

一回の作業時間に上限は決めていますか?

決めません。作業モードが切れない限りは1日中でも続けます。

学生時代、勉強について「文系と理系科目を交互にやったほうがいいよ」とか「大学の講義が90分に設定されているのは人間の集中力が持つ限界は90分だから」という話を聞いたことのある方がいるかもしれません。

自分は学生時代、決め決めで50分やったら休憩10分みたいなタイムスケジュールを組んで勉強などしていましたが最近はやってません。やりたいだけやる、やりたくなければ一切やらないといった感じです。

そこで今回は、
・一般的に言われている作業時間の限界
・自分が作業などするうえで決めていること
を紹介します。

集中できる時間の限界について

タウンワークに精神科医YouTuberの樺沢紫苑さんの記事が載っていたので引用します。この記事曰くは15分、45分、90分が集中できる時間の目安として言われていますね。

確かに一瞬の休憩とか別のところに目をやるといったのも作業時間が途絶えた条件とするならばこんなもんかもしれませんね。1日中本当にほかのものに目も暮れず集中して作業できた経験は自分もありません。

で、ここからは私見ですが、一瞬でも集中が途絶えたらそれでおしまいかといえばそんなことはないと思います。東洋経済オンラインの記事でも書かれていますが、MAXの集中状態は15分とか45分しか続かないかもしれませんがある程度の集中状態ならもっと長持ちしているはずだし、この状態で十分だろうと思っています。

集中力は数字にはできませんが視覚化するとこんな感じじゃないでしょうか?

集中というとつねに一番上にいないといけないと思い込んでいる方もいるかもしれませんが、自分は最高が続かないにしてもいかに黄色のところで作業できるかが効率云々を決めるのではないかと思っています。

自分が作業する上で決めていること

集中力に関する現状と私見はいいとして、実際に作業するときはどんなふうにして効率よく作業できるようにしているか紹介します。

スポンサーリンク
  • やりたくなるまでは基本やらない
  • 時間では区切らない
  • 意識しての休憩もとらない

・やりたくなるまでは基本やらない

食べたいものは食べたい時に食べるのが一番おいしいですよね?それと同じでやりたくなったときに作業をするのが一番効率よく作業できます。たとえばこのブログの話でいうと見かけ上は毎日更新ですが律儀に毎日1記事ずつ書いている訳ではありません。

日によって5記事くらい書けることもあれば面倒くさくなって1週間くらいさっきの図で言う「そもそもやる気が起こらない」モードの時もありました。ちなみにこの記事を書いているときはブログ始めて史上最高レベルで集中力が上位の状態なので2日間で10記事近く書けています。珍しく書きたいことも勝手浮かんできます。ゾーンに入ってるかも!!

・時間では区切らない

時間で区切ってしまうとせっかく集中力がある状態を強制的に切ってしまうことになるのでやりません。自分で区切らずとも、本当に疲れてきたら自ずと集中力が下がって束の間の休憩がほしくなるはずなのでそこは体に委ねてしまいましょう。

たまに「今いいところだからもう少しやらせて!」そんなことはないでしょうか?できるところまで頑張る。これでいいと思います。次いつ集中力が高まるかなんてわからないわけですから。

ちなみにこれを書いている前日はずっと集中が持っていたのですが、PCの電池切れで強制的に作業中断してしまいました。充電を気にしないためにデスクトップパソコンのほうがいいのかもしれない・・・。

・意識しての休憩もとらない

さっきと同じ話で休憩も意図的に取りません。たまに「どうせ休むならガッツリ15分くらい休んでしまいましょう」という意見があったりしますが、自分は反対です。

経験上「15分だけ」なんて言ってたらそのまま3時間くらいYouTube見るとかしょっちゅうなので。人間の意思力なんてそんなもんです。

「もう煮詰まって限界だ!」と言う時は本当に限界まで来ている証拠だと思うので、その場合にはその日の作業はもうおしまいで構いません。

おわりに

この記事は集中力爆上げモードで書き上げられました(30分〜1時間くらい?いつもだと情報調べたり図表作ったりするのでどうしても2〜3時間かかるので)。こういう時は「ランナーズハイ」的な状態になってて誤字脱字とか素っ頓狂なこと書いてないかな?と心配になることもありますが、そういうときは修正すればいいやと開き直っています。

集中していようがしていまいが、どうせ一発で100点満点なものは出来上がらないので。ぜひみなさんも「いま集中できている」と思ったら細かいことは気にせずに目の前の作業にのめり込んでしまいましょう。

結果的にたくさんのアウトプットや勉強量につながります。

****

以上でこの記事は終わりです。
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。
自分で考え、決めて、行動して、一緒によりよい時間を増やしましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA