定期的なデジタルデトックスで健康管理!

スポンサーリンク
この記事はこんな方向け
・長時間スマホやPCを触っている方
・スマホやPCを使っているうちに頭が重くなったり気分が悪くなったりする方

はじめに

今回の質問と自分の回答はこちらです。

スマホやPCを長時間使っていて、体調が悪くなった経験はありますか?

あります。なので使いすぎないように気をつけています。

科学的にははっきりしていないそうですが、自分は電波が行き交っている環境で知人や友人が「耳鳴りがする」とか「頭が痛い」と言われているのを聞いたことがあります。

体調がいいときは気にならないのですが、ちょっと体調がすぐれないときにネット通信に絡むものを使っていると、体調がさらに悪くなるという経験をよくします。

そういう時はデジタルデトックス=電波を発するものに一切触れない時間を作るようにしています。

そこで今回紹介するのは次の2点です。

・そもそもスマホやPCを使いすぎることでの影響があるのか
・体験談に基づくデジタルデトックスの目安

スマホ、PC使いすぎの影響

電磁波の影響

一部界隈では「携帯電話を耳にあてて会話していると高周波の電磁波を浴びることになるから良くない」なんて言われますが、実際のところはどうなのでしょうか。

調べてみると、

・安全基準は設定(サルの動物実験に安全率、つまり下駄を履かせて0.08W/kgの曝露)
・発癌リスクや脳神経系の機能影響など長期的影響は未確定
 脳腫瘍については今のところ相関なし(携帯の利用者と脳腫瘍罹患者数に関係がない)
・発癌リスクは「あるかもしれない」程度

参照元:(一般財団法人電気安全環境研究所 電磁界情報センター)

ということで、今わかる範囲では電磁波の健康影響はないと判断できそうです。
※このような資料は国の各省庁(厚生労働省、環境省)からも出ているので確認してみてください。

個人的な感覚としては放射線と同じように

・これだけ浴びたらよくないという閾値がある程度わかっている
・そこに至らないように日々の生活環境がコントロールされている

という印象を受けました。

スマホを使うことでの悪影響

人体影響がないなら安心して使っていいかと思いたくなるのですが、そうではない主張をしている書籍があります。

それが「スマホ脳」です。

スマホ(インターネット)を使用することの悪影響として

スポンサーリンク

・ドーパミン(報酬物質)を出すが、この報酬系のシステムが乱れる=スマホ依存症
⇨どんどん新しい情報が知りたい、別の動画が見たいとなって負のループ入り
・睡眠時間の減少、ブルーライトによる睡眠の質の低下
・うつ病リスクの増加
があります。

電子書籍も普段ネット接続をしている端末で見ている限りはネットサーフィンしているのと変わらないという主張ですが、これには同意です。

なので、この2つからだけで判断すると

・電磁波の影響は管理値を設けて、その中で私たちは使用している
・ただし、長時間使うことによる別の影響(睡眠、ストレス、メンタルヘルス)は存在

ということになります。使いすぎないに越したことはないと言えます。

デジタルデトックスの実践例

「スマホ脳」では具体的なデジタルデトックス=スマホやPCに一切触れない時間を設けることの目安がありませんでした。

なので、自分の感覚ベースで普段こうしていますというのを紹介します。
1日あたりにデジタル〇〇へ触れる時間が1日の半分以上と多めであると自覚しているので参考になるかなと思います。

実践する目安

感覚的な話ですが、なんとなく頭が締め付けられるような重さを感じたらです。だいたい3時間くらい連続して使っていると起こります。

長時間使っても大丈夫という方でも、否応なしにスマホやPCは充電が必要になりますから、そのタイミングでするのもいいと思います。

具体的な方法

自分の場合は次のいずれかです。

  • 思ったことをひたすら書き出していく
  • 散歩
  • 仮眠

スマホを使う≒インプット作業なので、アウトプットとして思ったことを書き出していくことで気分転換を図っています。

散歩するときは歩数計測のためにスマホを持ちますが、通信するためのSIMカードは入っていないので強制的にネットには触れられない状態になります。

自分の場合は朝散歩でそれを実践しているので、1日の中でネットに触れない時間を確保できています。
散歩中は歩くという動作だけに集中するとしょうもない雑念がなくなるので、よりおすすめです。

※その時に電話がかかってくるかもしれませんが、急な電話なら帰宅したときにかけなおせばOKです。

おわりに

今の時代はスマホ1つで新幹線や飛行機の予約も、時刻表のチェックも、支払いもなんでもできる便利な時代になりました。その分、ついついスマホに依存してしまって、余計なことに時間を費やしてしまっている方もいらっしゃると思います。

今更アナログに戻りましょうなんて言いませんが、スマホを使うことでの悪い面は減らして便利なところだけ享受できるように時々スマホを使わない日や時間を設けてみてはどうでしょうか。

****

以上でこの記事は終わりです。
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。
自分で考え、決めて、行動して、一緒によりよい時間を増やしましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA