旅行中に写真を撮らない理由〜あなたはどっち派?

スポンサーリンク
この記事はこんな方向け
・旅行中に暇さえあれば写真を撮る方
・旅行中の写真撮影に関する他人の意見を参考にしたい方

はじめに

今回の質問と自分の回答はこちらです。

外出先ではよく写真を撮る方ですか?撮らない方ですか?

一人行動のときは基本的に撮りません。

自分が高校を卒業してから2021年4月現在までに観光目的で訪れた箇所と写真の保存状況です。
通過しただけとかちょっと立ち寄ったレベルのは除いています。
・東京・・・スカイツリーとか浅草とか撮ったはずだけど1枚も残っていない
・千葉・・・1枚も撮ってない
・京都・・・金閣寺とか清水寺とか撮ったけど残ってない
・沖縄・・・4枚だけ撮ったのが残ってたけど撮影以来見返すことはない
・韓国・・・数枚撮ったけど全削除
・イタリア、チェコ・・・撮ったけど見返さない
・仙台・・・1枚しか撮ってないし振り返っていない
・長崎・・・1枚も撮ってない

なんだかんだ撮ってんじゃん!と思われるかもしれませんが、比較的撮影が多いのは友達が同行していたので雰囲気であわせて撮影していただけです。
個人的には写真を撮りたいと思って旅行に行くことはまずありません。

最近のインスタ映えトレンドからは真逆の人間ですが、今回は
・旅行中の写真撮影に関する意見
・自分が旅行中に写真を基本的に撮影しない理由と旅行中の写真撮影目安

について紹介します。

旅行中の写真撮影に関する意見

撮影する派の意見

  • 後で振り返るときのネタになる
  • 家族や友達に本当に行ってきたことの証明ができる
  • いい景色、ものを記録に残したい

撮影したい派の意見はおおよそこんな感じじゃないでしょうか?

全く写真や動画を撮らずに「〇〇に行ってきたよ!」と言っても証明ができないし自分が見てきた風景や食べたものがどんな見栄えのものなのか言葉で説明するのは無理があります。

だから何らかの形で残すことは決して悪いとは自分も思いません。
特にすっごい撮れ高のいいアクシデントとかネタがあったら写真や動画に残しといたほうが、自分が経験した楽しい気持ちをその場にいなかった人とも共有できますしね。

撮影しない派の意見

  • わざわざ写真を撮らなくても記憶に残る
  • 自分の目で見たもの、耳で聞いたことを大事にしたい
  • そもそも写真を撮りに旅行に行っているわけではない

写真を撮るのに夢中になってしまうとカメラ越しでの景色や食べ物で記憶が埋まってしまうので、自分は生で感じたことを重視します。

自分は旅行中に写真を〇〇派

冒頭で紹介した通り自分は写真を撮らない派です。

スポンサーリンク

写真を撮らない理由

先ほど紹介した写真撮らない派の意見と大枠は同じなので繰り返しは書きません。
その中で一番重視しているのが「自分の目で見たもの、耳で聞いたことを大事にしたい」です。

例えば
・京都でみた竜安寺石庭
・ついでに初めて甲子園球場を訪れてグラウンドの風景が目に入った時の感動
・長崎の坂を登りながら見た港の景色
・長崎の原爆投下地で見たもの
・一人で突入した「bills」でMaroon5のBGMを聴きながら食べたリコッタパンケーキとフレッシュフルーツジュース
はどれも写真には撮っていませんが、はっきりと思い出せます。

もちろん24時間旅行中のことを全て覚えているわけではないのですが、本当に印象に残ったものはわざわざ写真に撮らなくても、ちゃんと覚えているものなので写真で記録に残しておかないと忘れてしまう・・・という不安は自分にはありません。

あと、個人的な場合で言うと撮った写真を後で見返すことがないので最初から撮らないという事情もあります。

旅行中の写真目安

ただ、こんなことを言うと写真を撮るのが好きな方にわぁわぁ言われそうなので、これくらいは撮っても全然いいと思う目安を紹介します。自分がやってるだけです。

  • 1つのもので1つの写真
  • 今日のハイライトと思えるものは撮影する

・1つのもので1つの写真

たとえば飲食店に入ったら、そこで撮る写真は1枚だけにするということです。
風景でも1つの観光スポットで撮るのは1枚だけにするということです。

特に飲食店では写真撮影を快く思わない方がいらっしゃるかもしれないのでどうしても撮りたいものだけにするのがいいです。
風景にしても特に気に入った1枚だけを撮ろうとすれば適当に撮影することはなくなりますよね。

・今日のハイライトと思えるものは撮影する

その日の予定のなかで、これが一番楽しみだった!ということであれば、枚数気にせず撮影してもいいと思います。
なぜならそれが各々にとっての旅行中のハイライト=後で振り返っても記憶に残るはず だからです。

おわりに

自分は撮らない派というだけで写真好きな方はこれまで通り撮影を楽しんでもらって構いません。
ただ、少し写真を撮ることから距離を置いてみると他人に見せるネタ=写真は減りますが、各地を訪れたときの自分に残る印象は間違いなく強まると思います。

いま自分はこうしてブログをしているのでバケットリストの記事で写真を出すことはあるかもしれませんが、それはあくまで読んでくださっている方に行ってきた証明をするための最小限の分であることをご理解くださればと思います。

****

以上でこの記事は終わりです。
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。
自分で考え、決めて、行動して、一緒によりよい時間を増やしましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA