1日1万歩で気づいたこと

スポンサーリンク
この記事はこんな方向け
・運動習慣を身につけたい方
・激しい運動は嫌だから簡単な運動だけをしたい方
・運動するモチベーションが湧かない方

はじめに

今回の質問と自分の回答はこちらです。

定期的にしている運動はありますか?

ラジオ体操と1日1万歩です。

学生のうちは部活動やクラブ活動、体育の授業として体を動かす機会を最低限確保することができます。ですが働き始めたら自分で気をつけないとあっという間に運動不足になります。

ということで色々チャレンジしたのですが昨年から始めて今のところ続いているのが1日1万歩です。
今回はタイトルの通り
1日1万歩を続けていて感じたこと
を紹介します。

1日1万歩の内訳

自分がどうやって1日1万歩を歩いているかはこちらの記事で紹介しています。

1日1万歩を続けるために心がけていること

・朝散歩・・・4000〜6000歩
・仕事中のちょこちょこ移動・・・3000歩
・出退勤で少し手前の駅バス停で降りる・・・2000〜4000歩

もし1日1万歩を目指したいけど万歩計がなくてカウントできない場合もあるかと思います。その場合は歩いた時間で管理しましょう。

試しに1分間、自分の歩数を歩きながらカウントしてみてください。

大体1分で80〜120歩の間に収まるはずです。自分は歩数記録から1分100歩くらい。

ということで1日1万歩歩きたければ1日100分歩けばOKです

1日1万歩を続けて感じたこと

  • 普段の生活では思ったより運動していない
  • スキマ時間を使えば案外ハードルが低い
  • 体を動かすのが楽しくなる

普段の生活では思ったより運動していない

1日1万歩をする前の運動習慣は次のようなものをしていました。
・HIIT
・自重トレ
・インターバル走

どれも無酸素運動寄りで、これはこれで大事なのですが如何せんきつい。というのと長時間はできないので運動時間としてはどうしても短くなってしまいます。

自重トレでもせいぜい20分ほどあれば終わってしまうので。

スポンサーリンク

そういった運動をしていた頃は1日5000歩も歩いていないくらいだったので1万歩を歩き始めてしばらくは体が痛くて辛かったのを覚えています。

そのときにあわせて思ったのは「旅行行く時ってもっと歩かないといけないから普段から歩かないと旅行行っても楽しめないな」。実際、1日1万歩始める前に旅行行った時は見事に足の付け根を痛めて観光どころでなかった経験があります。

動き回る趣味がある方は普段から動き回るのを癖にしておいた方がいいですよ

スキマ時間を使えば案外ハードルが低い

1日1万歩と言われようが、1日100分と言われようが聞いただけでは「ハードル高っ!」と思われても不思議ではありません。

でも連続で100分も歩くことなんて日常生活ではまずありません。せいぜい30〜40分です。

それに仕事をしている方でも席の移動や家事をしている方でも掃除中の移動で意外と歩数を稼げちゃいます。
なので自分で今は歩くための時間だと思って歩かないといけないのは半分くらいで済むと思います。

1日1万歩、ではなく、1日で意識して5000歩歩くという意識でいれば案外クリアできるし決してハードルは高くないなと思いました。

体を動かすのが楽しくなる

何事もモチベーションを上げるには達成感が必要ですよね。

簡単なものからクリアして、どんどん難しいものに自然とチャレンジしたくなるように運動も強度が低くて楽なものから始めるほうがグッドです。

自分の反省も込めて、強度が高くてきついものからしてしまうと運動=辛い、楽しくないイメージがつくので失敗だったなと思っています。

おわりに

1日1万歩をしている方であれば共感できることはありましたか?
1日1万歩も歩いていないよという方は印象が変わることはありましたか?

ちょっと気が向いたなら1日だけ、試してみてもらえたらと思います。やっぱり1万歩なんてめんどくせーという方は、その気持ちを大事にして好きな運動を楽しんでください!

****

以上でこの記事は終わりです。
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。
自分で考え、決めて、行動して、一緒によりよい時間を増やしましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA