1行日記で思考を整理!

スポンサーリンク
この記事はこんな方向け
・気持ちをスッキリさせて1日を終えたい方
・手軽なアウトプット方法を知りたい方

はじめに

今回の質問と自分の回答はこちらです。

1日の振り返りをどんな風にしていますか?

その日のハイライトを1〜2行、メモ帳アプリに書き出します。

いい人生!と思えるにはいい1日を積み重ねないとできないですよね。
悪い日ばっかり続いていたのにその1年はよかったなんていう方はいないでしょう。

じゃあいい1日を過ごすために何をすればいいの?という疑問への回答が

1行日記

人によっては、これが1行かもしれないし3行かもしれませんが、それは個々人の好みの問題なので気にする必要ナシです。そこで今回紹介するのは次の2点。

・実際に1行日記にどんなことを書いているのか
・1行日記を書くことで得られるいいこと

1行日記の書き方

1行書けばOKなので、例えば下のような内容を書いています。※実際に自分が書いたことです。

・今日はコーヒーを濃くして飲んでみたら1杯だけなのに終日まで効果が続いた。睡眠のためにやっぱり薄くしてこれからは飲もう
・”経県値”に関するやりたいことリストを書いている方があんまりいなかった
・リベ大の両学長は配当所得と不動産所得が真の不労所得とおっしゃっていたけど、高配当ETFは資産形成に時間がかかるから自分はこれからもインデックスをしよう

何に書くかはお任せです。なんとなく手で書いた方が感情がこもる気もするのですが、自分はappleのメモ帳アプリを使っています。

次は書くときに気をつけていることをあげてみました。

  • その日のハイライトになった出来事を書く
  • 勉強になったこと、経験したこと、思ったことを書く
  • マイナスの出来事でもOKだけど、他のことを悪く書かない、自分の中でストレスは昇華する

あんまり肩肘張ると続かないので、敷居は低くしてOKです。

スポンサーリンク

上の例にはないですが
・今日作ったカレーに牛乳を混ぜたらうまくできた。
・〇〇の仕事、あまりうまくいかなかったけど、次はリベンジできるように頑張ろう
こんなもんで十分です。

1行日記のいいところ

手軽にできる1行日記ですが、自分はこんなメリットがあると思っています。

  • 気持ちの整理ができる
  • 1日1日で跡を残そうという意識が生まれる

気持ちの整理ができる

生きていく上ではたくさん決断することがあって、振り返ったときにそれを後悔するしないの違いが生まれます。

後悔しないためのルールとして「そのときにベストだと思える判断を」と紹介しましたが、そのときベストだと思っていても、何をもってベストだと思ったのか思い出せないと振り返るときに納得しない方がいらっしゃるかもしれません。

1行日記を重ねていくとその日々で何に注目していたのか、どんな思考回路だったのか確認できるので「当時はこう思っていたから、この選択肢を選ぶのは自然だな」と腑に落ちることが期待できます。

後悔の減らし方

1日1日で跡を残そうという意識が生まれる

1行日記を書くことが先に決まっているので、何も書けないような1日にするわけにはいきません。何か学びを得よう、とか、小さなことでも達成して書くネタにしようという意識になるので、同じ行動をするでも姿勢に変化を生むことができます。

おわりに

1行日記であれば、簡単に続けられそうな気がしませんか?

たったの1行ですが、立派なアウトプットですので、インプットばかりでアウトプットに慣れていない方にとってはアウトプットの練習にもなるので気軽に試してみてください。

溜まってきたらブログやnote、ツイッターで「今日の1日」みたいな形で外部発信するのもいいんじゃないでしょうか?

****

以上でこの記事は終わりです。
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。
自分で考え、決めて、行動して、一緒によりよい時間を増やしましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA