2UP3DOWN運動〜健康にも地球にも優しい習慣〜

スポンサーリンク
この記事はこんな方向け
・ちょっとした運動を習慣にしたい方
・地球温暖化のために何かしたい方

はじめに

今回の質問と自分の回答はこちらです。

階段がある時は階段派ですか?エレベーター、エスカレーター派ですか?

降りる時はすべて、昇る時は2階分まで階段を使います

駅やデパートなど人が多く行き交うところでは、ほとんどの方がエスカレーターやエレベーターを使っていて、階段のほうはガラガラ、なんて風景をよく目にされるかと思います。

は単純に混雑したエスカレーターやエレベーターが来るのを待つより早いから、という理由で階段を癖みたいに使っていますが、実はエコという点でも階段を使うことが推奨されています。

そこで今回は、

運動とエコの両面から推奨されている「2UP3DOWN運動」

をご紹介します。

2UP3DOWNって何?

「降りる時は3階分、昇る時は2階分までは階段を使って、エレベーターの使用を控えましょう」というものです。会社のビルなどにあるエレベーターの前に2UP3DOWNの推奨ポスターとかが貼られているのを見たことがあるかもしれません。国土交通省のHPからすると21世紀に入った時点ですでにこの概念が生まれていたことになります。結構昔からあるんですね。

この活動のメリットは次の2点です。

  • エレベーターによる使用電力を削減できる
  • 健康にいい

正直、みんながしないと電力使用量は大して変わらない気がしますが、やらないよりはマシと思うのがいいでしょう。

一個人としてするなら健康の改善をモチベーションにした方がいいです。自分は1日1万歩をしていますが、平坦な道だけ歩くよりも階段を使ったほうが体を動かしている実感があります。

今まで知らなかった方は是非この機会に覚えてください。

2UP3DOWNの実践例

その通りにやればそれで十分ですが、ここでは自分がどうやっているかを紹介します。

スポンサーリンク

自分の場合のルール

オフィシャルでは2UP3DOWNですが、冒頭のつかみのところで書いたように
・下り:基本すべて
・上り:MAX2階分まで
の「2UP∞DOWN」となっております。

なんでこうしているかと言うと、理由は単純。下りは楽ちんだけど、上りは辛いから。辛いのいやですよね。だから自分に甘くしました。

あと、2階分くらいならエレベーター、エスカレーター並んで乗るより歩く方が早いという理由もあります。毎回2階分上がるわけではなく気分が乗らなければ1階分だけということもあります。

「オフィシャルのルール守ってねぇじゃん」と言われるかもしれませんが、下の記事でもお伝えしている通り1階分でもやらないより、よっぽどマシと自分に言い聞かせて自己正当化しております。

習慣のキーワードは「小さく」

やってて感じること

基本的にはメリットしか感じていません。

  • なんとなく地球にいいことしているぞという自己満足感
  • 一定の刺激を足に与えられていい運動になる
  • 体の調子を測るバロメーターになる

特に3点目ですが、個人的にはラジオ体操と同じようにちょっとした体の異変を感じられる機会になっています。
軽すぎる運動だと「少し筋肉が張ってる」とか「関節に違和感ある」という感覚に気づけないので。

おわりに

階段上がるのつらーい、と言う方が一定数いらっしゃることは承知しています。ですが、階段2階分もサッサと上がれないようだと老後の体が心配になります(自分も人ごとではない)。


2階くらいならすぐに終わりますし、なんとなくエコっぽいというおまけもついて来ます。
なのでまずは週に1回、日に1回から始めて見ましょう。案外あっさりと習慣になると思いますよ。

****

以上でこの記事は終わりです。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

自分で考え、決めて、行動して、一緒によりよい時間を増やしましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA