4スタンス理論で自分の体を知ろう!

スポンサーリンク
この記事はこんな方向け
・自分にあった体の使い方ができるようになりたい方
・4スタンス理論に興味がある方

はじめに

今回の質問と自分の回答はこちらです。

4スタンス理論をご存知ですか?

15年ほど前に知りました。

「自分にあったやり方を見つけることが大事

こんな言葉を聞いたこと、教えられたことはありませんか?自分は勉強だけではなくて運動=体を鍛えることにも同じことが言えると思っています。

とは言っても、自分にあった体の動かし方ってなによ?って思う方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は自分が参考にしている考え方
・4スタンス理論の中身
・自分の場合はどのパターンに当てはまっているか

を紹介します。

4スタンス理論ってなに?

もう15年ほど前になるので情報が古い可能性もありますが、自分が当時読んでいた本です。これではじめて4スタンス理論というものを知りました。

野球が好きだったので、完全にタイトルにつられて買いました。

スポンサーリンク

4スタンス理論というのは、自分の体の特性を表すものでA1・A2・B1・B2タイプの合計4つに分類されます。正座とか血液型みたいですよね。
・A1→つまさき内側重心
・A2→つまさき外側重心
・B1→かかと内側重心
・B2→かかと外側重心

貼れる写真がないので、各自で調べてください。

足の重心だけで判断つくの?といったらそういうわけではなくて、体の動作でいくつか判定する方法があるので紹介します。判定方法の動画を上げてくださっている「4stance club」というチャンネルがあってすごくわかりやすかったので参考にしたらよいかと思います。

Aタイプ、Bタイプの判定

1タイプ、2タイプもそうですが調べたら調べただけ判定方法が出てくるので自分がどれかはお好みの方法で判定したらいいです。
・片足屈伸⇨両足を前後させて前側と後ろ側の足のどちらをあげた状態で屈伸するのが楽ちんか
・うちわ仰ぎ⇨手首で仰ぐか、腕全体で仰ぐか
・前屈→体の前側に手を這わせるのと後ろ側に這わせるのでどちらが前屈しやすいか
・かばんの持ち方→指先で引っ掛けるか手のひらで包むように持つか

1タイプ、2 タイプの判定方法

・Oリング⇨親指・人差し指・中指、親指・人差し指・薬指のどれでOKマークを作る方が腕の可動域が広いか
・コップの持ち方⇨人差し指で持つか薬指で持つか

自分の場合はどのケース?

自分はこれでした!

自分の場合はA2タイプでした!

さっき紹介した本は久しく読んでいないので、久々にどんな判定方法だっけと思いながら試していたのですが言われてみたら

・カードケースとかカバンは中指と薬指で引っ掛けるように持つ、手のひらは一切使わない
・うちわで腕全体を使ったことは全然なかった
・コップは親指・中指・薬指で持っていた
・歩く時は外側に体重を預けるほうがしっくりきていた

ということでA2タイプに当てはまる体の使い方をしていたことに気づきました。

もしかしたら、これを読んでいる方もわざわざ実践しなくても方法見ただけで「自分はこのタイプだったわ」って気づくかもしれません。

自分のタイプを知る意味ってある?

ところでこんな意見を持った方はいらっしゃらないでしょうか?

「知ったところで何に生かせるの?別にタイプにあったトレーニング方法もなさそうだし」と。

そうですね。そうかもしれません。

自分は4スタンス理論で自分のタイプを知る目的は

今まで無理な体の使い方をしていないかをチェックするため

だと思っています。

例えば自分は過去に踵歩きをしていましたという話を紹介しましたが、実はそれが体にはあってない可能性もあります。

少なくとも自分は今回改めて確認してみて「実は踵歩きはあってなかったのかもしれない」という考えになりましたし、そういう方はほかにもいらっしゃるのではないでしょうか?

あとは個々人でされているスポーツや日常生活に自分で考えて落とし込めばいいんじゃないかなと思います。例えばバッティングフォームや走り方に反映させるという具合にですね。

宮本武蔵の歩き方

おわりに

4スタンス理論でタイプを知るだけならお金もかかりませんし、チェックするために怪我をするようなリスクもありませんから個人的にはすごくおすすめです。

ちょっと暇だなぁとか、体の使い方合ってるかなぁと思ったら試してみてはどうでしょうか?

****

以上でこの記事は終わりです。
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。
自分で考え、決めて、行動して、一緒によりよい時間を増やしましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA