【新型iPadをしばらく使ってわかった】タブレットは所詮タブレット。時間効率化にはPC一択

新型iPadに抱いていた期待

自分は今年の4月に2021年版、最新のiPadを購入しました。

9791a2d6336374ec7660206c9e9e9fa3 9791a2d6336374ec7660206c9e9e9fa3

元々使っていたのと同じ「無印」モデルとはいえ、脳味噌部分は丸4年分新しくなっている訳でして購入前には結構期待をしていました。ここでの期待というのは

  • パソコンと遜色ないような使い勝手の実現

こうです。新しいiPadを買う前からMacBook Airが壊れていたこともあり、やむなくキーボードとマウスをBluetooth接続して元々のPCライクな使い方をしていました。しかし、この使い方が悪かったのかiPadが古めだったからなのかはわかりませんが動きが激オモだったので「さぞ新しいiPadなら快適に使えるんやろうなぁ」と思ってたわけです。

新型だろうがタブレットはタブレット

この記事を書いている時点で2ヶ月ほど2台のiPadにMac mini、iPhone8とアップル製品に囲まれた生活をしていますが、使えば使うほど次のようなことを感じました。

外付けキーボードやマウスを使おうがタブレットはタブレット

Mac miniを使うにはディスプレイもセットで必要です。しかもまぁまぁ重い。

ということで旅行に行くときはこんな感じで旅行記を準備していました。

  1. 記事の草案は事前にMac miniで書いておく
  2. 滞在先のホテルではあらかじめ作っていた文章の校正と旅行先で写真をペタペタ

iPad2台持ちということでブログ編集にはもちろん新しい方のiPadを使い、古い方は写真の切り抜きとか軽い編集にしか使わないという運用でした。このやり方で今更気づいたのが

新しかろうがパソコンには敵わん

てことです。まず画面サイズがちっさすぎますし、キーボードやマウスに対応するようになったと言ったって大前提はパソコンのために作られたもの。タブレットに最適化されていないのだから効率が悪いのも当然です。

新しいiPad、なんならiPad Proにしたら仮にMac miniが壊れてしまってもパソコン買わなくていいんじゃ!?と思っていましたが自分には無理だと察しました。

とはいえiPad>>>iPhone

これは変わりないです。一度iPhoneを手放してiPadを買った時も同じことを思っていましたが

iPhoneでできることって基本iPadでもできるじゃんん。別にiPhone要らなくね?

iPhoneにできてiPadにできないこと、そしてそれが自分にとって困ることといえば

  • モバイルSuicaが使えること
  • 片手持ちで写真が撮れること

くらいです。モバイルSuicaはAndroidで対応している端末にすれば解決ですし、最悪写真はiPadで撮ったって問題なしです。スマホやタブレットは年々機能が向上するに従って

もうスマホだけで仕事が完結できる!パソコンはいらない!

とか

タブレットとパソコンの境目が曖昧になっている

という声が聞かれますが、むしろこうなったことで本来それぞれの端末でできることの価値が明確になったかなと思います。一石二鳥的な使い方ができると思っているからこそ実際使ってみた時に「やっぱりタブレットはタブレットとして使うのが一番輝くな」ってことに行き着きます。

メッセージ:安くてもいいからぜひパソコンを

パソコンは新品だと5万円は最低、普通のを買おうとすると10万円前後かかります。というと「そんな大金出せないわ」という方もいらっしゃるでしょう。

スマホには平気で10万円近く出している場合もあるのに、です。

5万円のスマホと5万円のパソコンで比較すると前者の方が優れていると感じるかもしれません。パソコンも安すぎると本当にポンコツなので(過去に体験すみ)。

でも10万円のスマホと10万円のパソコンならほぼ確実に後者の勝ちになると思います。ここでいう勝ちというのは文字打ちのスピードとか作業全般にかかる時間の長い短いを指しています。

毎日持ち歩けるのはスマホかもしれませんが、早くたくさん情報収集をしたいとか大きい画面で動画を綺麗にみたいという欲求があるならパソコンが最適。毎年買わないといけないことはないですし、高いスマホを買うくらいならリターンのある買い物だと思って持っておくのは間違いなし!


とここ数ヶ月で思いました。買わなきゃ生活コストは幾分下がりますけど、日々の充実度を上げてくれるものへの出費はケチってはいけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA