【2022年読書レビュー】老化は治療できる!

この記事では直接的に書籍の内容に触れることはできるだけ避けたうえで、読んでその内容について思ったことなどなど紹介します。

今回紹介する本

『老化は治療できる!』です。

年齢を重ねていくと不可避なものーそれが老化であるとずっと思ってきました。

シワができたり、ほうれい線が目立ってきたり、白髪が増えたり、筋力が衰えたり・・・。これらは年相応な現象であって、これに抗おうという若づくりのための行為には時折賛否が現れます。

ところが!本書冒頭ではこのように書かれています。

「老化」は必然ではありません。老化して分裂をやめた細胞が蓄積して慢性炎症を引き起こすことが原因のひとつである科学現象

つまり老化は治しようがあるというのです。超高齢化社会で社会保障が〜とか労働力が〜と叫ばれている日本では夢のようなお話です。

本書で書かれていることは以下の通りです。

本書の構成
  • 「老化」が死後になれば実現する世界
  • 不老を実現可能性を見出した実験
  • 老化治療で治せる病気の可能性ー早老症(昔テレビに出ていたアシュリーちゃんが有名)、認知症
  • 老化のメカニズム
  • がん細胞と老化細胞ー老化細胞は癌の増殖防止に貢献??

ただし!不老はできても残念ながら不死はあり得ません。そこを期待されているのであれば期待違いとなることをあらかじめ知っておいてください。

老化しないために日常的にできること

本書の中心である老化の仕組みと予防法は以下のようにまとめられています。

  • 出現した老化細胞(これ自体はどうやっても不可避)が除去されずに残る
  • それは老化細胞が「GLSー1酵素」を出すことで自分の身を守れるようになっているから
  • なのでGLS-1酵素を阻害すれば老化細胞が正しく消滅してくれる

が、もし実現したところで①「老化」が原因で起こる病気を治す②障害を起こしている病気の改善など③一般的な使用の優先順であって不特定多数に行き渡ることは基本ないでしょう。著者もこういう薬が実用化されたとしても気軽に買えるサプリではなく病院で薬として処方すべきとおっしゃっています。

ですので結局は地道にできることをやっといて老化が進まないようにするしか現実的ではありません。ご丁寧に本書ではいくつか提示されていたのでそれを紹介します。

  • 適度なストレスー過度なストレスはプラスアルファの老化原因に
  • 適度なカロリー制限ー今の必要カロリーの8割に
  • 適度な有酸素運動ー本来酸素は有毒なものなので酸素を消費しすぎない

ストレスと運動はさておき、食事については大いに参考になる指針です。アンチエイジングのために1日1食を実践している方っていますよね。1食自体は自分もいいやり方だと思っているのですがそういう方って

  • 1日500kcal
  • 1日1000kcal

みたいな極端な接種カロリーであることが常です。

自分も一回それくらいのカロリー制限をしたことがあり、体重は落ちましたが健康状態も同じくらい悪くなりました。少食はいいですがカロリーはそこそこ摂るというのは実体験からも推奨です。

不老さえ実現すれば100年時代も無問題!

この本のいいと思ったところ

  1. 不老の最新医学に関する情報を得られる
  2. 元気に長生きするための入門になる

本書で紹介されている研究成果はサイエンスというインパクトファクターが大きい機関で発表されたもので、それだけ画期的かつ有益といえます。

それが1,000円ちょっとで知れるなんて本はやっぱりいいツールですね。

本書の内容に関連して思ったこと

日本の場合は高齢化社会が問題とされていますが、これは次の前提があるからです。

  • 歳を取ると働けなくor能力が落ちるのでお金を貯めておかないといけない
  • 高齢者は病院にかかる頻度が多くなって医療費を圧迫する原因になっている
[card id="4121"]

もし歳を取っても今の20代、30代と同じ体力を維持できれば

  • 高齢者でも同じくらいの年収を維持できる⇨税収増
  • 医療費が掛からなくなる⇨公費負担や保険料負担を減らせる⇨結果的に今の現役世代の手取り収入が増えたり、貴重な税金を国の発展、インフラ整備に使える

ということで国全体としてもいい方向に変わっていきます。

今は「現役の頃頑張ってくれたから高齢になったら社会保障の恩恵にあやかってもいいよね」という意見はまだあるでしょうが、100年時代に到達した時に今の高齢者と同じままでは国からするとお荷物なのは明白です。

少なくとも若い人に迷惑をかけて(負担を押し付けて)生きているという意識をもって生きたくはないので、まずは一個人として歳を取っても健康でいられるように生活しないといかんなと思いました。

この本のおすすめ度と読むのがおすすめな人

おすすめ度は10点満点中10点です。

この本は次のような方におすすめです。老化を防げればずっと若い時のように生きられてピンピンコロリの実現可能性が向上します。

ずっと若々しく生きていきたい!そう思ったら薬の開発で治療できる日を心待ちにしつつ、できることから生活改善をしておきましょう。

  • ずっと若々しく生きたい
  • 老化の原因を知りたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA