【2021年7月時点その2】経県値バケットリストの進捗状況

スポンサーリンク

ついこないだ広島と山口に行ってきたばかりではありますが、またしても47都道府県巡りをすべく周りから見たら“形だけの”旅行に行って参りましたので報告します。

前回同様、ただの雑談的な回ですがトリビア的な事実も今回の旅行で1つ知ったのでそれだけでも覚えてもらえればと思います。

今回行った都道府県

今回行ったのは次の3県です。学生時代以来の18きっぷで旅行してきました。18きっぷは普通列車しか使えないのできついみたいな印象を持たれがちかもしれませんが、動く景色を見てるだけでも楽しいもんです。

  • 愛知県
  • 三重県
  • 奈良県

実は今回、バケットリストに書いている別のことも進捗したのですが、それは次項で紹介します。

旅行の思い出などなど

愛知県

愛知県は20年前にナゴヤドームに野球観戦をしに行って以来の超お久しぶりでした。

“超どうでもいい脱線話
その日は前田幸長と入来祐作が先発した中日ー巨人戦で3−1で巨人が勝ちました。入来の次は條辺が投げていたことまで覚えています。松井秀喜とか上原浩治も生で見れましたよ!

さて、今回目的地にしたのが名古屋・・・ではなく碧南市というところです。知っている方いらっしゃるでしょうか?

これが先ほど言っていた話と繋がりまして、バケットリストに書いていた「ふるさと納税をした市町村に旅行」をするために目的地としていました。自分は2019年に碧南市にふるさと納税をしていたので、それがきっかけです。

半田市から碧南市につながる地下通路・・・!

当日は18きっぷのみで移動したかったので私鉄は使わずに半田駅というところから歩いて行くことにしました(和歌山旅行の時と同じく歩く距離の塩梅を知らない馬鹿者です)のですが、まず面白いのが半田市から碧南市につながる道路。

てっきり橋とかあって海が見えるのかな〜と思っていたのですが、近くまで辿り着いても

なんと道路が見当たりません。どうしたもんかと思っていると右手に見えた「歩行者・自転車の方の通路入り口はこちら」の文字。

まさかと思っていたのですが、海底通路で繋がっていました

地下道はこんな感じでいい涼みスポットだったのですが、こんなところで不良グループみたいな人と会ったら一貫の終わりだなと内心ビクビクしながら歩いていました。

愛知なのに「須磨」「明石」

着いたはいいのですが、それ以上の目的地は決めていなかったので後は再びJRに乗るために道なりで歩いていました(ここで2時間ほどかかることになるとは露にも思わず)。

歩きながら見つけたのが「須磨海岸緑地」「明石公園」の文字。

その場では「ここ愛知だよな?なんでよりにもよって2つも兵庫と被る地名があるんだろう」と思いながら通過して行きました。

後々調べるとWikipediaで出てきたので詳しくはそちらを見て欲しいのですが、

  • 須磨:兵庫の須磨に海岸が似ていることに由来
  • 明石:兵庫では須磨の隣が明石なので、こっちも対抗して須磨の隣を明石と名付ける

というなんとも面白い話を見つけました。そんな理由で土地の名前決めるんですね・・・。

“ちなみに”
明石公園はミニチュア遊園地みたいな感じで家族連れで賑わっていました。他にも水族館や大きな公園など家族で出かけられるスポットがたくさんあったので、ふるさと納税のしがいがありました。

この日はこれで疲れたので這々の体で宿泊先の名古屋市内のホテルに着いてからはずっと寝ていました。

スポンサーリンク

一応2日目には名古屋城を遠目で見てきました(場内入るのにお金が入りそうだったのでパスしましたスミマセン)。たまたま前日に金のシャチホコが天守閣に帰ってきたばかりだったそうです。

こんな感じで愛知県は以上です。次行きたいスポットはぶっちゃけないのでまたご無沙汰になるかもです。

三重県

三重県は生まれてこの方きたことがない都道府県でした。今回は完全に愛知と奈良の通過地点になるところで行っとこうというので四日市市にきました。

ホントは大台町というYouTubeで紹介されていたところに行きたかったのですが時間がかかりそうなのとそこそこ費用も嵩みそうだったので別の機会に単独で行くことにしました。

というわけでこれという目的がなかったのでこれまで同様街歩きに終始しました。ほんとに行ったよ!という証拠として「末広橋梁」という可動式の橋の写真を載せておきます。自分がいた時に動くことはありませんでしたが笑。

奈良県

最後は奈良県です。資格の試験が大阪であった時に「ついでに奈良県寄ってみるか!」のノリで東大寺と奈良公園には行ったことがありました。

なので今回の目的地は、

なんと大きな平城京

でございます。

高校の時に日本史を履修していたのと(関係ないか)、時々奈良方面に来ると電車越しにみていたので一度来てみたい場所でした。

また徒歩バカらしくJR奈良駅から歩くこと30分・・・

まぁ、平城京“跡”なので当時のものが残っているわけではないのですが、歴史を感じるには十分です。こういうところで「1300年前はここに天皇や貴族がいたのかぁ」と思いを馳せるだけでも楽しいですね。

ちなみに敷地内には座れるベンチも設けられていたので30分ほどたそがれていました。木々も植えられて日陰になっており貴重な涼みスポットです。

今回はここだけにして後はホテルで東京オリンピックを見ていました。

また涼しくなった秋頃に来るのも四季の変化を感じられて楽しそうですし、周りには古墳がたくさんあるので古墳巡りなんてのも良さそう。

旅の心残りポイント

そもそも三重県の場合はホントは行きたい場所が別にあるという意味で消化不良ですが、実は愛知県で一つ思い残しがあります。それは

モーニングと味仙のニンニクチャーハンを食べること。

特に味仙は某YouTubeチャンネルでたびたび紹介されている飲食店で

  • ニンニクチャーハン
  • 台湾ラーメン
  • 青菜炒め
  • 海老マヨ

などなど美味しそうな台湾料理がいっぱいです。今回はダイエット中ということで行くのを断念したので次行くときに太っていなければぜひ行きたいと思っています。

やっぱり旅行は楽しい

街中を歩いているだけでも、その土地の空気を感じられるのが旅の醍醐味だと思っています。有名どころな観光スポットを見るだけなら最悪グーグルアースや旅行系YouTubeを見れば済む面もありますが、その土地の空気までは持って来れませんからね。

ちなみに今回の旅行で経県値4以上の都道府県がちょうど半分になりました!まだ半分かよって気もしますが、引き続きこのペースで旅行を楽しむ所存です。

次回の旅行はお盆を予定しています。今まで行ったことのない地方に初めて足を踏み入れる予定なので超楽しみです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA