これまで試してきた通信環境まとめ

スポンサーリンク
この記事はこんな方向け
・通信費用を下げたい方
・自分の用途にあった通信環境に見直したい方

はじめに

今回の質問と自分の回答はこちらです。

これまでどんな通信環境を試したことがありますか?

①いろいろ試してきました

2021年現在、楽天モバイルを使用していますがここに至るまではさまざまな試行錯誤がありました。

そこで今回は

・ここに至るまでに試した通信環境のレビュー
・通信環境の選び方

を紹介します。

これまで試した通信環境一覧

スマホを持ち始めてからの通信環境年表です。
※金額は正確に覚えていないのもあるので大体で書いています。

まとめながら「当時は毎回『これで最適だ!』と思っていたのにコロコロ変えているな」と思いました。ここでは、ざっくりと3つの時期に分けて当時の使用感などのレビューをします。

スマホ+Wi-Fi(2013年4月〜2017年10月)

「何回格安SIMへの乗り換えチャンス逃しとるんや」って思いますが、過去は変えられないので忘れます。WiMAXは使っている周波数帯の関係で、屋内には弱いと言われていますが、特に不便は感じませんでした。

WiMaxと楽天モバイル
ちなみに楽天モバイルの電波がつながりづらいと言われるのも同じ理由です。悪いのは楽天ではなく、そういう周波数の電波しか分けてくれなかった総務省です。楽天も総務省へつながりやすい電波を分けてくれとお願いをしていますし、文句を言うなら総務省へ。

WiMAXは3日で10GBの制限がありますが、1ヶ月に100GBほど使うようなヘビーユーザーでなければ引っかからないので、基本的には快適に使えます。

ただ、auの費用だけがNGですね。途中でプラン変更したとはいえ、金かけすぎ・・・。

ガラホとiPadとWiMAX(2017年11月〜2019年12月)

ある日思いました。「同じ金額でiPhoneだけ買うなら電話用のガラホとネット用のタブレット持ったほうがいいんじゃね?」と。そこでiPhone6を売って、SHARPのガラホとiPadを購入。

正直、めっちゃよかったです。

よかったことをまとめると次の3点。

  • 通信費が安い
  • LINEも電話もガラホで完結
  • 画面の見やすさもコスパもiPad>>iPhone

通信費が安い

ガラホでは電話しかできないようにメアドの設定もなくしたことで利用料金1200円と当時au を使う場合の最安値まで下げました。

LINEも電話もガラホで完結

Wi-Fi接続ができたのでLINE含めて音声通話はガラホで完結。電池持ちもいいし、本体のグリップ性もいいしでいいことずくめです。

画面の見やすさもコスパもiPad>>iPhone

iPhoneはSE以外だと7〜8万円ほど必要ですが、iPadのエントリーモデルは4万円以内で買えます。自分もエントリーモデルを買ったのが今も現役です。しかも画面が大きくて見やすい!iPhoneにあってiPadにないと言えば、店頭での支払い機能と持ち運びやすさぐらいでしょうか。

この時点で通信費は6000円ほどに削減。いい感じです。

スポンサーリンク

そして楽天モバイル1本へ(2020年1月〜現在)

2020年の1月にauの無料解約期間がやってきました。

自分は楽天経済圏にいたので、楽天モバイルの格安SIMプランに乗り換え。
なお、MNP転出の電話では、やっすいプランを使っていたせいか全く引き留めなし

当時はWiMAXを契約していたので通信環境は問題なしでした。
通信費は楽天モバイル0円(全額ポイント払い)でWi-Fiの3500円のみ。

注意点
いまはFuji wifiでのWiMAXの取扱が終了しているので契約できません。

もともとは通信費5000円以内が目標だったのですが、いざ達成すると欲張るのが人間。さらに5月に楽天UN-LIMITへ切り替えました。

楽天モバイル

楽天モバイル公式。料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」はすべての人に最適なワンプラン!データ1GBまで0円、どれだけ使っても無制限で2,980円(税込3,278円)。最新のiPhoneや人気のAndroidスマートフォンも続々登場。楽天の携帯キャリアサービスが、これまでの常識をくつがえす!

パートナーエリアの1Mbpsってどうかなと思っていたのですが、不便を感じなかったのでWiMAXも解約して遂に通信費0円を達成!!今年の6月からは一年無料が終わるのですが、全額ポイント払いで通信費0円は継続できる見通しです。

楽天モバイルぶっちゃけどう?
勤務先や通勤路はすべてパートナーエリアですが、奇跡的に自宅だけ楽天エリア内!楽天Linkを使った通話は確かにノイズが入ることが多いのですが、聞き取れないほどではないので許容範囲内です。

ではどうやって通信環境を決めるか

端末のこと

スマホをお勧めします。その理由は下記の通り。

  • androidスマホなら2万円台でも買える
    (自分が買ったガラホは4万円、今使っているOPPOスマホのほうが3万円弱で安かった)
  • Googleマップや写真撮影での利便性が圧倒的に違う
  • 通信プラン自体はスマホだろうがガラホだろうが安いものを選択できる。

そのうえでAndroidにするのかiPhoneにするのかはお財布事情含めて好きに選べばいいと思います。
自分はわけあってiPhone8とOPPO A5 2020の2台持ちですが、金額の差ほど性能差は感じません。

料金プランのこと

これは千差万別なのですが次の3つの観点でWi-Fiの契約や選択するキャリアを選べばOKです。自分は楽天ゴリ押ししますが。

  1. 家に固定回線が引いてあるか
  2. 外出先でもガンガン使いたいか
  3. 電話番号をつかった通話をするか=LINEやSkypeで完結しているかどうか

おわりに

如何でしたか?特にガラホを検討していた方、高い端末選んでしまうと結局コスパ悪いみたいなことにもなりかねないので注意してください。

通信費は固定費の1つであり、見直し方によっては不便にならずに費用は下げられます。実際、自分も通信環境を見直して金額が安くなっていくことはあっても、不便になったことはありませんでした。何回も見直したからこそ現在は費用が最安、利便性はベストとまさにこれ以上ない通信環境を整備することができています。

皆さんもここは面倒くさがらずに余計な出費は見直しましょう。
そして、同じお金を使うなら好きなことにお金を使って日々の満足度を上げていきましょう。

****

以上でこの記事は終わりです。
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。
自分で考え、決めて、行動して、一緒によりよい時間を増やしましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA