生き急ぐことは良くないこと・・・?

スポンサーリンク
この記事はこんな方向け
・周りから「生き急ぎ過ぎ」と言われたことがある方
・楽しみをずっと先延ばしにして生きている方

はじめに

今回の質問と自分の回答はこちらです。

自分のやりたいことは日々の中でどれくらいできていますか?

1日を10とすると0.5くらいです・・・。

周りには「いつでもできるから今日はいいや」と後回しにしている方もいれば「いつ死ぬかわからないから今日できることは今日やっておきたい」と毎日詰め込んだ生活をしている方もいるでしょう。

かくいう自分は完全に前者の方、だったのですが最近は周りから見たら生き急いでると思われるような生き方でもいいんじゃないかと思って生活をしています。

そこで今回は、
・そもそも生き急ぐってどういうこと?
・生き急ぐ生き方について思っていること
を紹介します。

「生き急ぐ」とは

「生き急ぐ」をgoo国語辞書で調べるとこう出てきます。

”限りある命を急いで終えようとするかのように生きる”

具体的にどんな行動が生き急ぐなのか考えてみました。

  • 毎週のように旅行に行ったり、スポーツ観戦に出かけたりする
  • 毎日休まずに仕事ややりたいことに没頭する
  • 他人にもついつい納期や締切を短く設定してしまう

何となくイメージが湧くと思います。

「別に毎週じゃなくて毎月でもいいじゃん」「旅行先や仕事は自分から逃げていくわけじゃないのに」外から見たらこう思われることでも前詰めで、まるで今日が人生最後の1日かのように過ごしています。

ただ、「他人にもついつい納期や締切を短く設定してしまう」これはよくないですね。
本当に死期が迫っているために「今日じゃないとだめなんです」「来週までは待てません」というなら理解してもらえるかもしれませんがそうでないなら、ただの無理強いです。

「生き急ぐ」のって悪いこと?

これまでの自分

最初に紹介したとおり、自分は今までのんびり生きている方でした。
具体的な行動でどう現れていたかというと

  • 貯金第一の生活
  • 宿題や課題は先回し、楽しみは後回し

・貯金第一の生活

老後2000万円問題は2019年に発表された資料が発端になっているものですが、自分はそれより以前から死ぬまでにいくらかかるかを考えてました。

そのときの試算結果は3000万円。もし年金が0円で、かつ家庭を持ったら・・・。
そんなことを考えていたら必要最低限のお金以外は使ってはいけないことになって、年に1回あるかどうかの好きなアーティストのライブチケット代以外には遊びのお金がありませんでした。

老後になったら好きなことをすればいい。今は我慢。そう思いながらここ数年は生活していました。

学生の時もお金が第一だったので、どうしても行きたい友達との飲み会以外は行ってませんでした。

スポンサーリンク

全然楽しくなかったです、ぶっちゃけ。

・宿題や課題は先回し、楽しみは後回し

自分は老後2000万円問題が出る前から老後のことを考えるくらいには心配性というかやらないといけないことの後回しをすごく嫌う性格です。

宿題とか課題を先回しにするのは全然いいことですし、これ自体は自分が勧めていることでもあります。が、嫌なことのほうを考えていないと気がすまないので楽しみにするようなことは基本後回しを繰り返してきました。

その結果が何年も働いていて好きな旅行に行ったのは一昨年のみという実績です。
※今年の5月に和歌山行ったのは除いて。

嫌なことは先回し?後回し?

今の自分

もしかしたらブログを始めたのがきっかけかもしれませんが、完全に生き急ぐ側にシフトしました。

その結果、こんな感じに考え方が変わっています。

  • 貯金も大事だけど楽しいことも同じくらい大事
  • 最低限の宿題や課題だけ先回しで後は楽しむ

具体的な行動で言うと、経済的自由は達成したいので貯蓄は引き続きしていますが、これまで1回しか行ってなかった旅行を5月の和歌山に始まり9月まであと4回計画しています。ライブみたいなものも抽選情報があればもれなく応募しています。

これまでにないお金の使いっぷりです・・・笑。

「生き急ぐ」ことへのスタンス

自分は生き急ぐこと悪くない、むしろいいことだと思います。

みなさんご存知のとおり2020年からはコロナ禍で行動がかなり制限されるようになりました。最初は少しの我慢だと思っていませんでしたか?自分はそうでした。ニュースや首長の会見では「今年の花見、今年のお盆は我慢しよう。来年会えるように」こう言われてました。

で、今年どうでしたか?結局花見はできないしお盆もゴールデンウィークも帰省できてません。そしてまたおんなじことを会見やニュースで聞きます。

そうすると「我慢もいいけど我慢し過ぎて万一いま病気になったら絶対後悔する」という気持ちが強くなりました。別にあちこち遊び回れという意図はありません。今しかできないことの価値と感染リスクを天秤にかけてどうしてもやりたいことはやったほうがいいんじゃないかと思うに至ったわけです。

となるとのんびりしているよりは今日しかないと思って生き急ぐぐらいのほうがスルスル行動が進んで長期的に見ても人生のプラスになるんじゃないかなと思います。

おわりに

元々のんびり生きてきた自分からすると生き急ぐことはずっとマイナスイメージでした。後先考えずに行動するのは計画性がなくて向こう見ずだと。

でもいつかできる、いつでもできると思ってなんにも行動しないのも人生に限りがあるのを自覚してないようでNGだなと思うようになってます。みなさんはどうでしょうか。

毎日生き急ぐのも疲れますから、週に1日、月に1日「今日はやりたいことを後先考えずに満喫するぞ!」こんな日があってもいいと思います。

****

以上でこの記事は終わりです。
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。
自分で考え、決めて、行動して、一緒によりよい時間を増やしましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA