節約したらできること

スポンサーリンク
この記事はこんな方向け

  • 節約のモチベーションを上げたい方
  • ついつい無駄遣いをしてしまう方

はじめに

お金を貯める、増やすためには

  • 収入を増やす
  • 支出を減らす

のどっちかしかありません(ギャンブルとか投資は確実にリターンがあるわけではないので無視)。

さらに言うと収入を増やすには高収入の仕事に転職するとかバイトの掛け持ち、副業など時間なり自分の意識を注ぐ必要があります。となると大概の人がどっちをするかといえば支出を減らすための節約になります。

たださらに難儀なことをいうと節約=ひもじいとか我慢というイメージがつきまとって節約なんてやりたくな〜いとなるわけです。

そこで今回は節約の事例をあげて節約することでできるようになることを考えてみました。「〇〇を△△すれば映画を毎月見に行ける」とか「格安SIMを変えれば毎月ホテルに泊まれる」こんなふうに考えると途端にモチベーションが上がること間違いなしです。

節約するための行為とできること

それでは金額別に節約して捻出する方法とできることを紹介していきます。

1000円

1000円くらいなら誰でも捻出できると思います。具体的な捻出方法は以下です。

  • 1日1本たばこを減らす
  • 週に飲むビールを1缶減らす
  • 使っていないサブスクサービスを解約する
  • 年会費があるクレジットカードを解約する

結構簡単じゃないでしょうか?最近スーパー行ってびっくりしたのはたばこの値段です。ざっくり値上げしているのは把握していましたがオーソドックスな銘柄がワンコインで買えなくなっているとは。

わかばとかエコーの値段も400円台になっててビックリです。あれって300円とか20年くらい前なら200円台で買える銘柄だったのに・・・。

そして、1000円でできることといえばこんな感じです。

  • 博物館や美術館に月1行ける
  • ちょっといいランチに行ける
  • 「必要な」サブスクに入れる(例:ネットフリックス、アマゾンプライム)

まだまだスケール感としては物足りないでしょうか。

3000円

3000円あると結構できることも増えてきそうです。まず、3000円を確保する方法はこんなものが思いつきます。

  • 毎日のコンビニでの買い物をやめる
  • 格安SIMに乗り換える
  • 飲み会を月1減らす

これも比較的お手軽な方法と思います。

スポンサーリンク

3000円でできることとしては

  • 月1〜2回映画を見に行ける
  • 少しいいディナーを食べられる
  • 安めのホテルに泊まれる

あまり思いつきませんでした。いかんせん元からお金を使う生活をしていないもんで、ここら辺のオーダーでお金を払うことがありません・・・。

5000円

ここからはかなり工夫がいる領域になってきます。まず5000円を確保するなら

  • たばこ、飲酒をやめる
  • 民間保険は解約して共済に切り替える
  • WiFiを解約してテザリングで乗り切る

腰を上げないと着手できないものばかりですね。それに対してできることはというと

  • 月1のスポーツ観戦
  • 安めの日帰り旅行
  • ジム利用

自分なら旅行を選択しますが、人によっては上記節約をするほどの価値があるのかと思われる方もいるでしょう。

10000円

それでは最後10000円。かな〜り削るところの選択肢が限られてきます。

  • 安いアパートに引っ越す
  • 車を手放す
  • 外食を一切やめて自炊に切り替える

ライフスタイルを変えるぐらいのことをしないとできません。ただ、できることも

  • 毎月お泊まり旅行
  • ちょっとお高めのレストランに行ける
  • ライブコンサートに行ける(チケット+交通費)

といった具合でかなりいい感じのことができるようになります。自分なら絶対しますが、大概の人は「車手放してまでしたくはないな」とか「月1しか楽しめないのか」ということで行動には移されていないと思っています。

節約ははじめたら案外慣れる

節約をしたほうがいいとわかっていてもしないかたがいらっしゃる理由としては

  1. 生活レベルを落としたくない
  2. 不便な生活をしたくない
  3. そもそも面倒

といったものがあると思います。確かに解約の手続きをしたり、届けでを出すのは面倒だし不便になる側面もありますが、生活レベルは落としたら落としたなりになれますし、その逆も然りです。

生活レベルを上げるため、もしくは高い生活レベルを維持するための出費はできるだけ回避して旅行とか寄付とか生活レベルと関係ないところの出費の比率を高めるほうがトータル幸せなんじゃないかというのが自分の意見です。

節約を頑張りたいという方はそれを目的にするんじゃなくて

  • なぜ節約したいのか
  • 節約できたら何にお金を使うつもりなのか

きちんと腹落ちさせてからするのが継続するコツにもなります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA