食べ過ぎ防止のために避けるもの

スポンサーリンク
この記事はこんな方向け

  • 毎日株価をチェックしている方
  • 毎日の値動きを見てつい買ったり売ったりしたくなる方

はじめに

今回の質問と自分の回答はこちらです。

ついつい食べすぎてしまうものに共通点はありますか?

総じて甘いものは食べすぎる傾向にあります。

健康に暮らすには体重管理は大事です。ということでダイエットに走る方も多いことかと思いますがそう簡単に行かないのが人間。

森下仁丹の調査によると20〜40代女性の中でダイエット経験があるのは86.7%、その中で87.3%は挫折経験があるそうです。つまりざっくり10人に7〜8人はダイエットしたけど挫折したことに。ダイエットしてない人のほうが少数というのも凄い話です。

女性の86.7%がダイエット経験者、うち87.3%がダイエット挫折者。終わりのないダイエットループから抜け出すために「Smart Fat Management」でサスティナブルなダイエ…

薄手の衣類に衣替えをしたり、新生活で新しい出会いが続く春は、冬にため込んだ脂肪や体の健康が気になる季節です。今回行った調査では、20代〜40代の女性600人を対象に、健康維持のためのダイエット経験の有無や挫折してしまう理由、理想的なダイエット方法などについて回答を得ました。主な調査結果は以下のとおりです。 女性の87%がダイエット経験者 女性のダイエットは永遠に終わらない?! …

さて、ダイエットがうまく行かない理由は自分の経験も踏まえていうと

  1. 運動が続かなくなった
  2. 食事制限が厳しすぎて暴飲暴食に走り始めた

の大きく2つですが、自分の考えは食事が99%運動が1%だと思っています。食べすぎなければOK。

そこで今回は、
・一般的に言われている食べすぎる食品
・食べすぎる食品(自分の場合)
について紹介します。

一般的に言われている食べすぎる食品

フードトラップという本を読んだことがありますか?ポテチやお菓子のような加工食品に関する赤裸々な実態が綴られた1冊です。

この本によれば食欲を麻痺させてついつい食べ過ぎさせる麻薬的な要素として次の3つを挙げています。

スポンサーリンク
  1. 砂糖

普段食べているもの、特にコンビニやスーパーのお惣菜などの成分表になんて書いてあったか振り返ってみてください。

  • ケーキ・・・砂糖と油
  • 和菓子・・・砂糖と塩
  • ポテトチップス、フライドポテト・・・塩と油
  • ウィンナー・・・塩と油

他にもお惣菜なら塩と油脂が入っているはずですし、チョコ菓子とかみたら砂糖(糖類も含む)と油がセットです。これでもかってほど探し始めるとこれらが組み合わさった食品で溢れかえっていますね。

逆に市販の食品でこれらが組み合わさって入っていないものを探す方が大変でしょう。たとえばコンビニで思いつくのは納豆と卵とナッツとチーズとカット野菜くらいです。

食べすぎる食品(自分の場合)

自分は頻繁にダイエットをしてはリバウンドをしてしまうクチなのですが、実は上記のような食品はそんなに好きではなく、自分で買って食べることはしません。

じゃあ食べすぎる食品が何か、自分の場合を紹介しますので参考程度にご覧ください。

  • グラノーラ、玄米ブラン・・・砂糖と油
  • 果物
  • パン・・・砂糖、塩、油
  • ナッツ類

・グラノーラ、玄米ブラン

全然健康そうじゃん!て思われそうですが、ばっちりフードトラップに書かれている砂糖と塩と油が全て入った驚異的な1品となっております。

特に自分が好きなのはコレ↓。これにさらにきなこをまぶして牛乳をかけると無限に食べれてしまいます(本当に一回食べ始めたら400g食べ切ったことが幾度も)。

ごろっとグラノーラ まるごと大豆 香ばしきなこ仕立て|日清シスコのグラノーラ|日清シスコ

なんてったって、具が違う!日清シスコの具ood!シリアル!日清シスコのグラノーラブランドサイトです。「まるごと大豆 香ばしきなこ仕立て」こんがり香るきなこ仕立てのシリアルに香ばしい3種の大豆をたっぷり入れました。

リバウンドして食べすぎているときはほぼ主食になっています。言い換えるといったんこれを断てば食欲がある程度落ち着きます。

・果物

いやいや果物こそは体にいいでしょ!そう信じてやみませんが、残念ながら自分はこれまた食べすぎる食品の1つです。グラノーラを買うよりはマシだよね♪と自分を甘やかして買うのですが

  • バナナ・・・1回で1房
  • 柿・・・1回で5〜6個
  • メロン・・・1回で半玉

ととにかく量を食べてしまいがち。さらにタチが悪いのは果糖は血糖値が上がらないので胃袋が物理的にいっぱいになるまで他の食品も食べはじめてしまうこと

ということで適量なら体にいいとされる果物ですが、これまた普段は避けています。

・パン

グラノーラと並んで自分の中で勝手に要注意食品に挙げています。これも砂糖や油が使われたフードトラップ食品ですね。

本当はフランスパンみたいな硬いのが好きなのですが、一度暴食が始まると

  • 薄皮つぶあんぱん
  • イングリッシュマフィン(グラノーラ入り)
  • 普通の食パン

などを常食してしまいます。パンとグラノーラは自分には悪い意味で相性が合うようです。普段スーパーに行かずにネットで買い物を済ませているのですが、これらを目にする機会を減らして買わないようにするのが狙いでもあります。

・ナッツ類

フルーツと同様に体にいいはずのナッツです。これまでの食品と比べると絶対量は多くはないですが、それでも多く食べがちです。

普通は1日で20g(小袋1つ分くらい)せいぜい50gも食べれば満足する方が多いでしょうが100〜200g食べれちゃうのであっという間にカロリーオーバーです。

最近は昔よりマシになりましたが、いい加減ナッツでも何を食べると食べすぎるかおおよそ傾向がつかめてきたので「体にいい」と言われていようが食べすぎる可能性のあるものはできるだけ身近におかないようにしています。

おわりに

自分でもわかってる方はいらっしゃると思いますが、一般的な話(〜〜は少量でお腹が膨れるとか体にいいから食べても大丈夫)は全部が全部当てはまることはありません

ですから、一般的に言われてるから何でもかんでも自分にとって正解とは思わずに、

  1. まずは試してみる
  2. あわない思ったら潔く離れる
  3. 他の方法(たとえば栄養を補える食品)を探す

というので自分にとっての正解を見つけて欲しいなと思います。

****

以上でこの記事は終わりです。
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。
自分で考え、決めて、行動して、一緒によりよい時間を増やしましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA