iPad使って4年レビュー!

スポンサーリンク

はじめに

今回はただのゆるゆる記事でございます。

以前、1使うならiPhoneよりiPadのほうがおすすめという記事を書きました。このたびiPadを使い始めてから丸4年を迎えたので、使い始めてから現在に至るまでの使用感をレビューします。

初めて買うApple製品はiPhoneよりもiPadをおすすめする理由

いま使っているiPad

自分が使っているのは2017年3月に発売された第5世代iPadです。いわゆる無印iPadっていうやつです。

iPad (第5世代) – 技術仕様

ホームボタン/Touch IDセンサー 内蔵ステレオスピーカー Lightningコネクタ 3.5 mmヘッドフォンジャック 電源オン/オフ – スリープ/スリープ解除 音量を上げる/下げる nano-SIMトレイ(Cellularモデル) Retinaディスプレイ IPSテクノロジー搭載9.7インチ(対角)LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ 2,048 x 1,536ピクセル解像度、264ppi 耐指紋性撥油コーティング 64ビットアーキテクチャ搭載A9チップ 組み込み型M9コプロセッサ 1080p HDビデオ撮影(30fps) スローモーション(120fps) 手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ ビデオの手ぶれ補正 顔検出 3倍ビデオズーム ビデオへのジオタグ添付 Wi-Fiモデル Wi-Fi(802.11a/b/g/n/ac)、デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)、MIMO対応HT80 Bluetooth 4.2テクノロジー Wi-Fi + Cellularモデル Wi-Fi(802.11a/b/g/n/ac)、デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)、MIMO対応HT80 Bluetooth 4.2テクノロジー UMTS/HSPA/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)、GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz) CDMA EV-DO Rev. AおよびRev.

それまではタブレット自体使ったことがなかったのですが

  • ガラホを使ってみたかったのでスマホの代わりとして
  • 単純にスマホよりネットサーフィンが捗ると思った
  • 値段がiPhoneより安いから

という理由で購入しました。

ちなみに2021年も最新の無印iPadが出たので4世代遅れのものを使い続けていることになります。

iPadを4年使っての感想

2021年10月を以て使用開始から丸々4年になります。4年というとApple公式でもデバイスの寿命目安として提示している時期になります。それではいいところ悪いところを紹介します。

良いところ

  • バッテリー劣化の実感はなし
  • split viewで快適なブラウジング
  • サポート期間の長さ
  • 持ち運びやすさ◎

バッテリー劣化の実感はなし

上で貼り付けた公式HPの技術仕様では最大10時間の稼働となっています。これまでの自分の体感だとスマホでは2年たったらバッテリーの減りが確実に早くなっていたのですが、なぜか使っているiPadに関してはそのようなことはありません。

自分の体感だと最大10時間は4年使ったいまでも実感できています。

split viewで快適なブラウジング

iPad専用のOS、iPadOSが2019年にリリースされてから使えるようになった機能で2つのアプリを分割表示できるものです。これのおかげで気になるニュースやサイトのリンク先をメモ帳に残すときに一々アプリを切り替えなくてもこんな感じで同じ作業画面で完結できます。

作業効率のことを考えたらPCでデュアルディスプレイでやればもっと早いだろというお声をあろうかと思いますが、それはそれだけの環境整備をしているからであって、価格にして4万円もしない端末でもできるところに価値があると思います。

サポート期間の長さ

最初の頃は4年使うとサポートぎれだった気がするのですが、最近のAppleは古い端末もOS更新対象に入れてくれているのでシステム上は長い期間最新のものを使えます。

第5世代iPadも無事2021年9月リリースのiPadOS15にアップデートできました。購入時点ではiOS11だったのでこれで5年は使えることが確定しました。

スポンサーリンク
iOSの場合
こちらは2016年に発売された6Sと第1世代SEまで対象になっています。購入から丸6年使えるなんて素晴らしすぎる・・・!

これについては自分が唯一定期的に読んでいるこちらのブログでも2019年時点で紹介されていたので、たぶんそうなるだろうとは思っていましたがiPhoneをこれまで2年周期で変えていたのがアホらしくなるくらいの有能デバイスです。

iPadの寿命は何年?iOSサポート期間と、買い替え期間を算出してみた | Apple信者1億人創出計画

管理人 はじめに。iPadの寿命に関して、結論をお伝えしておこう。 iPadは4〜5年で買い替えが必要になる!! と、考えていたほうがいいだろう。その理由については以下で解説していくが、おそらくほぼ間違いないと思う。私だけではなく、私のApple信者の友人や当ブログに寄せられている1万件を超えるコメントから算出した年数なので、大きく外れていることはないはずだ。 …

持ち運びやすさ◎

MacBookもノートPCの中では軽い方だと思いますが、買って思うのはiPad軽くて部屋で移動して使うのも旅行中に持ち歩くのも手軽であるということ。

MacBookを買ってから、旅行先にMacBookも持っていくようになったのですがこの違いは超でかいです。軽いと言ったってMacBookは1kg近くありますが、iPadはその半分で500mlペットボトル1本です。

軽くて小さいは大正義です!

良くないところ

それではこの端末に関して不満なポイントをあげます。決してiPad全般への不満ではないのでその点ご認識を。

  • フル充電に時間がかかる
  • sidecarが使えない
  • カメラ品質は値段相応
  • lightningケーブル

フル充電に時間がかかる

残り充電が10〜20%のところから90%以上になるまで4〜5時間かかります。iPhoneだと2時間もあればできるのにiPadがサイズが大きいせいか・・・。

ここは我慢するしかないですね。日常使う時もMacBookをいじっている間にiPadを充電してMacBookの作業に疲れてきて多少バッテリーもくったところでiPadを使いながらMacBookは充電といった運用にしています。

sidecarが使えない

sidecarというのはiPadをMacBookのデュアルディスプレイとして使える機能でMacBookを購入したときの楽しみの一つにしていました。ところがどっこい、自分が使っている第5世代は非対応でした・・・。

MacBook買う前に調べとけよって話ですが。

カメラ品質は値段相応

ぶっちゃけiPadで写真を撮ることはないのでほとんど困りませんが、いざiPhoneで撮った写真と比べると画質荒いな〜と思ってしまいます。無印iPadは最新モデルでもレンズは1つなので、iPadという端末にカメラ性能を求めるならproモデルがいいでしょう。

lightningケーブル

これiPhone全般に対する不満でもあるのですが、どうもAppleは儲けの手段にしたいのかlightningケーブルを手放す意思がないようです。proやAirでUSB-C使ってるなら無印にも使って欲しい・・・。ケーブル複数持つのが面倒なので。

総じて大満足!あと1年は使います

機能自体には大満足で、よくないところで挙げたのも割りと強いていえばというレベルで機能と価格の両方に大満足です!(その点1年少々でキーボード壊れやがったMacBookには悪印象しかない、iPadの4倍もお金払ったのにiPad以下の寿命ってどういうこと)

もともとは4年使った流石にバッテリーがきついかなと思っていたのですがまだ大丈夫なので来年の無印iPad発売まで粘ります!

今まで使ってきたデバイスのなかではトップに位置する満足度なので、今までタブレットを使ったことがない方には是非1度使ってみて欲しいです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA