【バカにならない恩恵】2021年12月時点で実践中の楽天ポイ活

ポイ活やってますか?

買い物につきものはそう、ポイントです。

Pontaポイントやペイペイボーナス、Tポイントなどあげればキリがないほど日本社会はポイントに溢れています。

ポイ活するくらいなら稼いだ方がマシだ!と言えるくらい副業で稼いでいないのであれば時間は割くもののノーリスクでポイントをゲットできるポイ活は一定の秩序を持ってやっておくに越したことはないと自分は思います。

自分は楽天経済圏にどっぷり浸かっているので必然的に楽天ポイントをせっせと集めています。

今回は自分が利用している楽天のポイ活を紹介します。やってる方なら知らないものないと思いますが一応共有しておくという位置付けです。

利用中のポイ活リスト

2021年12月時点で利用しているものは以下の通りです。

  1. 楽天PointClub・・・月間150ポイント
  2. Point screen・・・月間200ポイント
  3. 楽天ウェブ検索・・・月間100ポイント
  4. 楽天インサイト・・・月間100〜500ポイント
  5. 楽天銀行(ハッピープログラム)・・・月間150ポイント
  6. 楽天銀行(現金プレゼントサービス)・・・月間10円

楽天PointClub

ミッションなるものをクリアするとポイントがもらえる仕組みになっています。平生はアプリ起動で1ポイント、特定ページの複数回訪問で1ポイントの計2ポイント貰えます。

自分はiOSとAndroid両方の端末を持っており、それぞれで2ポイントもらえるので日当たり4ポイントです。また、週に1回はもう少しもらえるミッションが追加されるので月間で150ポイント程度といったところです。

Pointscreen

アプリで開くとこんな感じです。毎日獲得できるのは

  • 常時表示の広告・・・4ポイント(これもiOSとAndroid両方持ってるおかげです)
  • 昼夜時間限定でもらえる広告・・・2ポイント
  • 動画を見てもらえるポイント(Androidのみ)・・・1ポイント

で7ポイントは堅いです。加えて画像の場合は10ポイントとなっているように、楽天スーパーセールやブラックフライデーのイベントがあるとポイント付きの広告が増えるのでもう少し上乗せがあります。

楽天ウェブ検索

当該アプリでワード検索を1日30口することで4ポイントもらえます。ネットサーフィンついでに好適です。

アプリ上では楽天ポイントクラブと同様にミッション達成でもらえるポイントもありますが、ミッションがなくなることが頻繁なのでなきものとして考えてます。

ちょっと前の改悪
元々はマックス5ポイントもらえたのですが、参加者が増えたせいか1日上限が4ポイントに変わっています。まぁ、瑣末な違いですが。

楽天インサイト

こちらはアンケートでのポイ活です。アンケートによってもらえるポイントがかなりふれるのですが、時々ある大当たりなアンケートに時間をかけて答えていると100ポイントとか一気に貰えます。

このサービスがいいのはもらえるポイントの有効期限が半年あることですね。

実際に利用している画面はこんな感じ↓

11月は大当たりが複数あったので716ポイントもゲットできました。自分の場合は年に1回来るかどうかですね。

楽天銀行(ハッピープログラム)

  • 楽天銀行でのクレカ引き落とし
  • 給与受け取り
  • 楽天証券での取引

に応じてポイントが貰えます。自分の場合は楽天カードの引き落としと楽天証券の取引(投資信託の保有額に応じてもらえるポイント)でざっくり150ポイントと言ったところです。こちらは通常ポイントとしてもらえるので基本はポイント投資に充てています。

上記、対象サービスの一例です。

楽天銀行(現金プレゼントサービス)

厳密にはポイ活ではありませんが月に10円ほど広告やアンケートに答えるだけで翌月に現金をもらえる仕組みです。

『たかが10円かよ〜』と思ったあなた!

現金預金で預けていたら100万円ないと貰えない利息を1か月でもらえるんですよ〜。生活防衛資金としてすら使わない現預金よりよっぽど意味ありです。

ほどほどやったら後は無視!

もっと他のサービスにも手出ししたらもらえるポイントは増えますが、これ以上は時間に見合わないのでやりません。

今回紹介しただけでも700ポイント以上はもらえるので十二分です。

後はやりたいこととかそれこそ投資の勉強とかに使った方がトータルプラスになるので、そこそこで線引きした上で使ってみてはいかがでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA