【2021年読書レビュー】イーロン・マスク次の標的 「IoBビジネス」とは何か

スポンサーリンク

この記事では直接的に書籍の内容に触れることはできるだけ避けたうえで、読んでその内容について思ったことなどなど紹介します。

お断り
この記事はもともと毎月読んだ10冊をまとめて紹介する形で掲載していましたが大変読みづらいことに気づいたので、1冊ずつのレビュー形式で再掲していますm(_ _)m

今回紹介する本

『イーロン・マスク次の標的 「IoBビジネス」とは何か』です。

スポンサーリンク

イーロンマスクといえば最初の頃は民間でロケット開発をしているスペースX社の有名な人ぐらいの印象だったのがテスラで注目を集め、ビットコインでも注目を集め・・・急激に世界の著名人になりました。

そんなイーロンマスクは他にも手を出していることがあります。それが本書のタイトルにもあるIoBです。

IoBとは
  • Internet of Bodyの頭文字
  • 人の体とインターネット、デバイスを繋ごうという考え方

なんだか未来的な感じがします。本書ではIoBの具体例だけでなく、なぜイーロンマスクがそのような分野に手を出すに至ったのか本人の生い立ちから考察しています。

本書の構成
  • 脳にデバイスを埋め込もうーBMIの開発
  • イーロンマスクの生い立ち
  • イーロンマスクと日本の関係
  • IoBとは
  • イーロンマスクが目指す未来

IoBはこんなもの

本書を読んでそうだったんだと思うこと多数でした。いくつか例を紹介します。

ペンシルベニア州立大学のアンドレア・マトウィーシン教授によるとIoBには次の3つの段階があるそうです。

  1. データの定量化
  2. 体内内臓化
  3. ウェットウェア化

データの定量化というのは今でいうスマートウォッチのような身につけたものがデータを収集してくれる状態、体内内臓化というのはペースメーカーのようなものを指しており、この点で両者とも既に実用化していると言えます。

最後のウェットウェア化。これが第一章で触れられているBMI(Brain Machine Interface)です。健康指標のBMI(Body Mass Index)じゃないですよ!

思想としてはこれにより

  • 記憶の移し替え
  • 脳で考えるだけで行動が補完される
  • 神経疾患などの障害を持っている人のサポートをする

ことができるようになるといいます。頭皮にくっつけるならまだしも、脳内に埋め込むためにわざわざ手術するって気持ちはよくないですよね・・・。

いよいよサイボーグ人間が実現?

この本のいいと思ったところ

  1. イーロンマスクが手がける最先端ビジネスの動向がわかる
  2. 私たちにIoBがどう影響するのかイメージできる

実際に開発ができて広く普及するようになったら多かれ少なかれ影響を受けることになります。それが1年後なのか10年後なのかはわかりませんがかじりとしてはいい内容と思いました。

本書の内容に関連して思ったこと

イーロンマスクって本当に「こんなことできんの?」みたいなことばかりやってますね。ですがそれは本人の信念に基づいて実行されていることであり、一貫したスタンスでいられるところが自分はすごいなと思いました。

側から見てあってるかどうかは別として「これ!」と思ったものをひたすら継続できればイーロンマスクのようにはならずとも自己満足の高いアウトプットが得られると思いませんか?

この本のおすすめ度と読むのがおすすめな人

おすすめ度は10点満点中8点です。

この本は次のような方におすすめです。イーロンマスクのことならまた新しく「こんなことすんの?」なビジネスを考えているような気がするワクワクしますね。

  • イーロンマスクに興味がある
  • IoBに興味がある
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA