あなたはどっち派?〜水道水orミネラルウォーター〜

スポンサーリンク
この記事はこんな方向け
・健康に気を遣っている方
・水道水は本当に飲んでも安心なのか不安な方

はじめに

今回の質問と自分の回答はこちらです。

普段の飲み水は水道水とミネラルウォーターのどちらを選んでいますか?

①水道水です。

毎日の生活で二者択一を迫られることがたくさんあると思います。〇〇を食べるか食べないか、糖質制限にするか脂質制限にするか、お風呂に浸かるかシャワーだけにするか・・・。

もちろん全て0か100かということはなくて、実際にはどちらかに重みをつけ選択するのが常ですが、どちらか選べと言われたら選べないのが日本人じゃないかなと思っています。

そこで2つの選択肢があるときにどっちを選ぶかシリーズをやってみることにしました。

今回は
・食や健康にかかわる二者択一”水道水かミネラルウォーターか”
についての考えを紹介します。

日本の水道水とミネラルウォーター

水道水とミネラルウォーターの大きな違いといえば、品質基準です。

水道水

将来的には民営化する可能性もありますが、今のところは各市町村の水道局が各家庭に供給する水道水の管理をしているのが普通(〇〇市水道局なんていいます)。

各管理項目は定期的にお住まいの市町村のHPを見たらお知らせされているはずなのでチェックしてみて下さい。日本全体としての水道水は厚生労働省の資料によると次のようになっています。

  • 水質基準項目と基準値(51項目)・・・満足していないとダメな条件
  • 水質管理目標設定項目と目標値(27項目)・・・目標値が設定
  • 農薬類(水質管理目標設定項目 15 )の対象農薬リスト・・・目標値が設定

参照:厚生労働省 水質基準項目と基準値(51項目)

いざみてみると項目が多くてびっくりします。

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターの場合も同じように管理項目が決まっています(参照:厚生労働省 清涼飲料水等に係る規格基準の一部改正について)。

ただし、山や海から取った水を消毒なしで出している場合と消毒ありで出している場合があるので、場合分けして管理基準が定められています。

  • 殺菌・消毒ありの場合・・・41項目
  • 殺菌・消毒なしの場合・・・16項目

これだけみるとミネラルウォーターは管理が緩いじゃん!となりますが、その通りに飲料メーカーが検査しているとは限らないので注意しましょう。

ちなみに「いろはす」は国の基準より多い280項目をチェックしていると明記していますね。何を測定しているのか、結果が都度どうなのかはHPには紹介されていなかったのでわかりませんが・・・。

い・ろ・は・すができるまで | い・ろ・は・す (I LOHAS) 公式サイト

い・ろ・は・すができるまでの様々な工程や、安心・安全への取り組みをご紹介します。

自分は〇〇派

冒頭に書いた通り、自分は水道水派です。

  • コストが安いから
  • 沸騰させたら味の違いはそこまで気にならない
  • ミネラルウォーターより水質の信頼が置けるから

コストが安いから

ペットボトル入りのミネラルウォーターを何にも考えずにコンビニで買ったら2Lで100円ほどはします。コストコや業務スーパーで買えば2L入りで50円ほどで買えるかと思いますが、この場合でも1日2L飲むとしても一ヶ月で1500円かかります。60Lで1500円、1Lあたりの単価は25円ですね。

一方、水道水の場合は市町村ごとで違いはありますが、一番高いところでも20mの利用で7000円です。
20mは20000Lなので1Lあたりの単価は高くて0.35円です。

参照:ダイヤモンドオンライン 「水道料金」ランキング1263事業体・完全版、“格差”は全国で7倍超!

約100倍違います。

100倍も高いお金を払って得られるものといっても
・多少のミネラル成分
・なんとなく美味しい

くらいのメリットしかないかなと思います。

スポンサーリンク

みなさんはどう思いますか?

ミネラルウォーターより水質の信頼が置けるから

さっきも書きましたが、市町村のHPを調べれば定期的な水質調査結果を確認して、本当に自分が使っている水は大丈夫なのかモニタリングすることができますが、飲料メーカーのHPを見てもそういった情報はありません。

なんとなく美味しいというのは同意なのですが、水質がはっきりしないものより確実に基準ないの品質で供給してくれる水道水に信頼を置いています。

とはいえ、これでも「塩素とかなんとかクロロメタンは体に悪いんでしょ」という意見をお持ちの方もいらっしゃると思うのでもう少し情報を紹介しておくと日本の水質の基準はWHO(世界保健機関)が定めた基準内で管理しているので、自分は問題ないと判断しています。日本の基準が信頼できないというならどこの水道水も飲めないことになります。(参照:水質基準の国際比較

おわりに

水は生きていく上で必須のものですから、気にかけるに越したことはありません。ただ個人的には水道水で十分じゃない?と思っているのでこのような意見を紹介しました。

あと、どうしても水道水は嫌だというなら浄水器を使うのもアリです。
自分はちまちまコストカットのためにある分使い切ったらやめるつもりですが、ブリタのマイクロディスクという浄水ボトルを使っています。

1つで150L分、3つでだいたい2000円なので追加コストは1Lあたり4〜5円くらいです。これでも水道料金+浄水ボトル<<<ミネラルウォーター代なので、一度試してもいいと思います。

****

以上でこの記事は終わりです。
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。
自分で考え、決めて、行動して、一緒によりよい時間を増やしましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA