ネット証券のiDeCo商品比較

スポンサーリンク
この記事はこんな方向け

  • まだiDeCoを始めていない
  • iDeCoに興味はあるけど、どの証券口座を開いてしようか迷っている

はじめに

老後の不安といえばお金。これの解決に貢献してくれるかもしれないのが確定拠出年金制度です。知らない方のために概略だけ買いときます。

確定拠出年金とは
  • 自分で自分のお金を老後年金として運用する自分年金
  • 以下のメリットがあるので税負担の軽減としても活用の価値があるとされている
    • 投資した金額は税金、社会保険料を計算するための所得には含まれない⇨全額所得控除
    • 運用中にでた利益は非課税(普通に投資してたら所得税と住民税で20%)
    • 受け取るときは元本+利益が課税対象となるが、控除枠を使うことで税額を減らせるorそもそも税金払わなくてもいい

一部(お金をたくさん持っているであろう)の方は60歳まで引き出せないことをデメリットとして挙げて利用を勧めていない方もいますが、個人的には日本人はどうせ投資しないで現金として眠らせてしまうので少額からでも始めた方がいいと思っています。

さて、iDeCoを始めようと決めたら大事なのは

  • どの証券口座で
  • どの商品に投資するか

です。これは普通に投資するときも気をつけるべき点であり、iDeCoだからって話ではないのですが普通に投資するときとiDeCoの枠で投資するときは投資できる商品が証券会社ごとで違う点に注意です。

そこで今回は口座開設数上位5つのネット証券を対象に

  • 資産クラスごとに手数料が最安の商品はどれか
  • 商品だけをみたときにどの証券口座でiDeCoを使うのがいいのか

について紹介します。

前提条件

対象のネット証券口座

今回は以下の証券会社を対象とします。リンク先から各証券会社のiDeCo特集ページで飛べるようになっているのでここで紹介しない商品の情報を見たい場合は個別に確認をお願いします。

お断り
この記事は2022年1月時点での情報です。情報が更新されて以下記載事項と異なる場合がありますがご容赦下さい。

資産クラス

  • 国内株式
  • 先進国株式
  • 新興国株式
  • 全世界株式
  • 国内債券
  • 先進国債券
  • 新興国債券
  • 元本確保型

これは個人的な趣向の問題ですが、バランス型ファンドとREIT(不動産)は興味がないので除外しています。

米国株式について
今回はS&P500連動や全米株式連動は除いてますが一応言っとくと楽天な楽天VTI、他だとeMaxis slim米国株式(S&P500)、auカブコム証券は取扱なしです。

資産クラス別のおすすめ証券口座

以降は資産クラス別におすすめ順を表にして紹介していきます。

国内株式

SBI楽天マネックス松井auカブコム
商品名eMaxis slim国内株式三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンドOne DC国内株式インデックスファンドeMaxis slim国内株式つみたて日本株式
経費率(%)0.1540.1760.1540.1540.198
ベンチマークTOPIXTOPIXTOPIXTOPIXTOPIX
おすすめ度14115

こちらは結果的にTOPIX連動のみの商品で固まっていますが、例えば松井証券は同じeMaxis slimの日経平均連動バージョンもあるので選択肢の豊富さとしてはGOODです。

ここは大した差がなく、いずれも0.20%以内なのでここで口座を選ぶ決め手にはならないかなと思います。

先進国株式

SBI楽天マネックス松井auカブコム
商品名eMaxis slim国内株式たわらノーロード先進国株式eMaxis slim国内株式eMaxis slim国内株式つみたて先進国株式
経費率(%)0.10230.109890.10230.10230.22
ベンチマークMSCIコクサイMSCIコクサイMSCIコクサイMSCIコクサイMSCIコクサイ
おすすめ度14115

とりあえずauカブコムはやめようかなと思う水準ですね。今時①たわらノーロード②ニッセイシリーズ③eMaxis slimの3つ巴で0.10%台の手数料争いをしている中で、よく先進国株式で倍の手数料を設定したなって思います。

あと、これ以降ともつながるのですがなぜauカブコム証券はeMaxis slimシリーズを出している三菱UFJ系列なのにeMaxis slimシリーズを取り扱わないのか謎でしかない・・・。

新興国株式

SBI楽天マネックス松井auカブコム
商品名eMaxis slim新興国株式インデックスインデックスファンド海外新興国(エマージング)株式eMaxis slim新興国株式インデックスeMaxis slim新興国株式インデックスつみたて新興国株式
経費率(%)0.1870.3740.1870.1870.374
ベンチマークMSCIエマージングMSCIエマージングMSCIエマージングMSCIエマージングMSCIエマージング
おすすめ度14114

ここも新興国株式と同様ですね。追加で楽天も除外した方が良さそうです。ここの表には「隠れコスト」が反映されていないのですがそれを含めてしまうとおそらく0.5〜0.6%になってとても割安な手数料水準とは呼べなくなるので。

全世界株式

SBI楽天マネックス松井auカブコム
商品名SBI-SBI・全世界株式インデックス・ファンド楽天・全世界株式インデックスファンドeMaxis slim全世界株式eMaxis slim全世界株式iTrust世界株式
経費率(%)0.11020.2120.11440.11440.979
ベンチマークFTSEグローバル・オールキャップ・インデックスFTSEグローバル・オールキャップ・インデックスMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス
おすすめ度14225

カブコム証券はやたらと高いですが、これはパッシブファンドの設定がなかったためです。

スポンサーリンク

他4つはベンチマークが異なりますが、台湾や韓国の取り扱いがどうなるかの違いなので問題にならないポイントです。強いていうなら、他の株式の商品と買うならFTSEはFTSEで、MSCIはMSCIで揃えることをお勧めします。

国内債券

SBI楽天マネックス松井auカブコム
商品名eMaxis slim国内債券インデックスたわらノーロード国内債券三菱UFJ国内債券インデックスファンドeMaxis slim国内債券インデックス三菱UFJ国内債券インデックスファンド
経費率(%)0.1320.1540.1320.1320.132
ベンチマークNOMURA-BPI総合NOMURA-BPI総合NOMURA-BPI総合NOMURA-BPI総合NOMURA-BPI総合
おすすめ度15114

国内株式同様にベンチマークが一緒なのと手数料も一緒なので、ここはどれ選んでもOKです。

先進国債券

SBI楽天マネックス松井auカブコム
商品名eMaxis slim先進国債券インデックスたわらノーロード先進国債券eMaxis slim先進国債券インデックスeMaxis slim先進国債券インデックスステート・ストリートDC外国債券インデックス・オープン
経費率(%)0.1540.1870.1540.1540.594+信託財産留保額0.1
ベンチマークFTSE世界国債インデックス除く日本 シティ世界国債インデックスFTSE世界国債インデックス除く日本FTSE世界国債インデックス除く日本FTSE世界国債インデックス除く日本
おすすめ度14115

とりあえずauカブコムは絶賛おすすめしません。今のご時世は信託報酬手数料だけ取って購入時と売却時の手数料は取らないのが常識なのにネット証券で信託財産留保額(売却時手数料)がかかる商品があるとは。

新興国債券

SBI楽天マネックス松井auカブコム
商品名
大和-iFree新興国債券インデックス
インデックスファンド海外新興国(エマージング)債券大和-iFree新興国債券インデックス大和-iFree新興国債券インデックスeMaxis 新興国債券インデックス
経費率(%)0.2420.3740.2420.2420.66+信託財産留保額0.30
ベンチマーク JPモルガンGBI-EMグローバル・ディバーシファイド JPモルガンGBI-EMグローバル・ディバーシファイド JPモルガンGBI-EMグローバル・ディバーシファイド JPモルガンGBI-EMグローバル・ディバーシファイド JPモルガンGBI-EMグローバル・ディバーシファイド
おすすめ度14115

先進国債券と同じです。特記なしです。

元本確保型

SBI楽天マネックス松井auカブコム
商品名あおぞらDC定期みずほDC定期預金みずほDC定期預金みずほDC定期預金三菱UFJ銀行
確定拠出年金専用
1年定期預金
経費率(%)
金利0.010.0020.0020.0020.002
おすすめ度12222

利率だけ見るとSBI証券がいいのですが、金利に関してはまさに微差ですし、長期的にはもっと下がってもおかしくないので利率見て選ぶ意味はないかなと思います。

まとめ〜iDeCoをするならここ

以上おすすめ順だけまとめるとこうなります。

SBI証券>松井証券>マネックス証券>楽天証券>>>>auカブコム証券

SBI楽天マネックス松井auカブコム
国内株式14115
先進国株式14115
新興国株式14114
全世界株式14225
国内債券15114
先進国債券14115
新興国債券14115
トータル14325

SBIが1番なのはいいとして、松井証券を2番にしたのは手数料が安い商品の選択肢がマネックス証券よりも豊富にあったからです。

選択肢があることをプラスに捉えるかマイナスに捉えるかは人それぞれと思いますが、もし別の商品に投資したくなったときに選択肢自体ない方がマイナスだなと思ったので自分は選択肢はあればあるだけいいという考えです。

今回紹介したような商品比較はもちろんですがトータルの利便性や管理の手間を考えて選べばOKです。auカブコム証券だけ選ばなければ。

ちなみに・・・。紹介したこととやることが矛盾しちゃいますが、もしiDeCoで投資するとしても複数口座持つのは面倒なので楽天を自分は使うつもりです(いまは企業型DCで投資しているので)。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA