個人的におすすめな英語の勉強法

スポンサーリンク
この記事はこんな方向け
・英語の勉強の仕方がわからない方
・他人の勉強法を参考にしたい方

はじめに

今回の質問と自分の回答はこちらです。

学校の英語はどのように勉強していましたか?

まとまった文章を使って単語や文法をできるだけ覚えるようにしました。

日本に住んでる限りは日本語しか使わないんだから英語は勉強しなくてもいいよ!という方もいらっしゃるでしょうが、年々観光や仕事のために日本に来ている海外の方が多いとは思いませんか?

2020年からはCOVID19の影響で落ち込んでいますが、それまでは海外の方の就業者数も観光者数も右肩上がりです。

出典:JTB総合研究所 訪日外国人同行2021-観光統計(元データは日本政府観光局発表統計)

訪日客といってもいろんな国からいらっしゃるわけですが、誰もが第二言語として使うならなんでしょうか?

英語ですよね。※ちなみに福沢諭吉は、当時オランダ語が共通語になると思って勉強してたら英語が共通語になっているのを知らなかったというのは有名な話です。

ということで日本にずっと住んでいようが、英語を使えることに越したことはないわけです。

そこで今回は、
・自分が今までやってきたなかでおすすめの英語勉強法
・自分が思う究極の英語勉強法

について紹介します。

今までやったことのある勉強法

リーディング・リスニング・ライティング・スピーキングにわけて紹介します。

リーディング

とにかく量をこなしましょう。”多読”と言うやつです。

いろんな文章を読んだら読んだだけ単語帳や文法問題集では学べない文章構成とか、文脈の読み取りの力がつきます。

ただ、読書も同じことが言えるのですが流し読みして読んだ気になっているならそれは間違いなので、読みながら分からない箇所はチェックをつけていって、読み終わった後にまとめて調べつつ2回目読むといいと思います。

つまり読むときは分からない単語など調べないようにしましょう。

理由は2つです。
・本番の試験でもわからない単語は絶対出てくるので文脈から予測する練習とする
・一々調べてたら時間がかかる

それでも、個人的には次も見るのかわからないようなニッチな単語を逐一調べようとは思いません。調べるのも頑張って最低限にしてください。

スポンサーリンク

使う教材ですが、高校生なら授業で使うリーディング用のテキストか物語や小説の原本を読むといいと思います。例えばハリーポッターの原著とかロミオとジュリエットなどです。続けられないと意味がないですし、元が英語で書かれたものならなんでもOKなので読みたいものにしてください。

大学生なら大学の図書館に多読に使えるような本があると思いますので探してみてください。自分が通ってた大学には大量にあったので助かりました。

リスニング・スピーキング

経験してみての感想はまた書きますが、シャドーイングが一番おすすめです。次点で聴きっぱなしです。シャドーイングの方はYouTubeにも使えるものがあるので、まずはそれからでいいです。

要は音声とスクリプト(原稿)さえあればOKですから、別にお金かけなくてもいいんじゃないかと。

ほかにはTED talksも教材としてはおすすめです。TEDは話の内容自体もいいので聞き取れるようになったらリスニング力のアップだけでなくて情報収集にもなって一石二鳥ですよ❗️

スピーキングは後でも書きますが、きっちりやるなら英語を使わざるを得ない環境に身をおくしかありません。

ただ、シャドーイングをするなら口から勝手に言葉が出てくる状態までは持っていけるので兼ねられるかなと思います。

ライティング

自分は時間がとれずに途中で挫折したのですが、少し時間に余裕があるなら1行日記的なものを英語で書くことをお勧めします。

ポイントは、とりあえず思ったように書く、細かいことは気にしないということ。

スピーキングも同じ問題に自分は直面するのですが、文法を気にしすぎて全然単語が出てこないんです。

もちろん試験のときには正しい文法で記述することが必要ですが、後々の実用のことも考えると思いつきで書くくらいの反射神経を養うのも大事なんじゃないかと思います。

どうせ、文法を気にするなと言っても大多数の方はそこそこ文法が整った文章を書くでしょうし。

究極の英語の勉強法は?

身も蓋もないことを言いますが、できるのであれば

留学しましょう。

所詮1日数時間の英語の勉強をしたところで日常生活で日本語を使っている限りはそうそう上達はできません。

自分は留学経験はありませんが、英語力が一時的にもよくなっていた時は例外なく英語を使う機会が多いときでした(ゼミというか研究室というかで留学生と話さざるを得ないときとか)。

おわりに

いかがでしたか?

内容には真新しさはないですが・・・。

まぁ、あれこれやって思うのは「小さくてももっと続けてたらどうだったかな」ということ。

どれも極端に初めてしまって長期的に続いたのはリスニングのための聴きっぱなしくらい。

もし、英語を得意になりたいと思っているなら、できる範囲でコツコツやってほしいなと自分の反省から思います。

****

以上でこの記事は終わりです。
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。
自分で考え、決めて、行動して、一緒によりよい時間を増やしましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA