”自己投資”への勘違い

スポンサーリンク
この記事はこんな方向け

  • 自己投資と称してなりふり構わずお金を使っている方
  • 自己投資なる出費をしているのに自己成長につながっていない方

はじめに

今回の質問と自分の回答はこちらです。

毎月自己投資だと思って使っているお金はどのくらいありますか?

書籍代の約1万円です。

ちゃんと自分のためにお金を使っているでしょうか?リクナビネクストが5年前に実施したアンケートによると、20〜30代の6割の方が自己投資という位置付けでお金を使っているそうです。

「自己投資 方法」などとグーグル先生に聞いて実行している人もいるかもしれません。

【20~30代ビジネスパーソン550人に聞いた】仕事のための「自己投資」、何にいくら使っている? – リクナビNEXTジャーナル

もうすぐ夏休み。「特に何もする予定がない…」というあなたは、旅行費用を払ったつもりで、ビジネスやキャリアアップに役立つような「自己投資」をしてみるのもいいかもしれません。 そこで、20~30代のビジネスパーソン500人を対象にアンケート調査を実施。ビジネス力アップやキャリア構築のための「自己投資」として、どんなことにいくら使っているかをたずねてみました。 …

”ちゃんとした”自己投資であれば、収入アップするしないに関わらず自分の基準でよりよい人生につながると自分は信じていますが、やり方を間違えるとお金の無駄遣いにつながってしまいます。

自分も「これは自己投資だ!」と口実をつけて却って無駄だったと思うことがちょこちょこあります。そこで今回は、失敗しがちな自己投資がどんなものかについての意見を紹介します。

失敗になりやすい自己投資

大前提ですが、ここでの失敗とは何の経験も得られずに時間とお金を浪費することと定義します。なので、スキルを高めたいとか収入を上げたいというための行動の中で「営業がうまくいかなかった」とか「YouTube撮影用カメラを買ったけど、自分には合わなかった」みたいなのは失敗だと思ってません。

ということで失敗になりやすい自己投資と称した行動はどんなものがあると思いますか?

  • 他人の真似
  • 目的が不明確
  • お金さえ使えばOK

テンプレ

他人の真似

「自分の周りでセミナーに行っている人がいるからついていってみよう」
「収入の多い友達が『〜〜』という本を読んでいたので、自分も読んでみた」

行動を起こすとっかかりとして他人の真似をするのは大いにアリですが、自分に必要かどうかでやっていないので結果的に自己投資につながりづらくなります。

次につながりますが、他人は目的が先にあってそういう行動をしているのに対して自分は実行ありきで目的がないという大きな違いがあります。

小学校〜高校で塾に行く行かないの話は同じことかと思います。

目的が不明確

例えばお金を払ってジムでのトレーニングをしている方の目的は

スポンサーリンク
  • 効率よく体を鍛える
  • 体を鍛えておくと日常生活で動くのが楽になる
  • いつでも元気に仕事や旅行がしたい

といったものが上がるかと思います。

目的があるから自己投資なるもので得られるリターンが目的にあっていたかどうかを評価できるのであって、目的がない行為は「そこに山があるから登りました」と同レベルです。

※たとえ言葉として挙げただけで登山が無駄とは言ってません。むしろ登山は好きです。

お金さえ使えばOK

自己投資と代表格といえば、冒頭に貼り付けたリンク先のところでも挙げられているセミナーや読書、資格勉強があります。どれも多かれ少なかれお金がかかりますよね。

ところで、普段の買い物でもその物が欲しかったというより、何でもいいからお金を使いたかった経験はないでしょうか?

確かにお金を使えば無料で体験するより「無駄にしないぞ!」という緊迫感が生まれていいのですが、それがないならただお金使って終わりになります。

自分は大学のときにとりあえず参考書買ったら勉強するだろと思って、この手の失敗をしています。大学で使う参考書なんてキリがないし、試し読みなら図書館でいくらでもできるのに・・・。

じゃあどうすればいい?

何か今よりもよくなりたいと思っている場合

まずは何らか自己投資になることをしたいと思っている場合ですが、さっきの話をひっくり返せばいいだけです。

  • 他人がやっているかどうかで決めない:自分には必要かどうか考える
  • 目的をはっきりさせる:なんでその自己投資なるものがしたいと思った?
  • お金を使うありきで考えない:無料セミナーや図書館の利用

どうでしょうか?何の行動しないのもNGですが、明らかに無駄に終わる行為をするくらいなら事前にこういう検討は最低限として実施すれば良いかと思います。

実はそんなに自己投資のモチベーションがない

これを言ってしまうと今回の話が根本から崩壊するのですが

そもそもあなたにとって自己投資必要ですか?

よくよく考えたら伸ばしたいものはなくて、とにかく楽しいことをしたいとか友達といい時間を過ごすことに集中したいというなら自己投資をしないという判断もあります。

貴重な時間と大概の場合はお金を使うことになります。もし明確な目的やモチベーションがないならやっても仕方ないのでやらない方がいいでしょう。

おわりに〜本当に必要な自己投資なのか考える〜

よく「自己投資はしたほうがいい」と言われるから何かしたほうがいいのかなと思ってしまうものであり、今回あげたような失敗につながる行動をとってしまうと思います。

ですが自己投資をしたほうがいいと思っているのはその人の一意見であって、あなたにそれが当てはまるかどうかは別物です。

自己投資を自己投資とするために大事なのははっきりした目的の有無やモチベーション。誰に言われなくても「スキルアップしたい!」とか「英語が喋れるようになりたい!」と心から思えたら、という状況になれば死に物狂いで何とでもなるでしょう。

ということで自己投資はした方がいいなんて言葉に踊らされずに、まずはいまの自分にとって自己投資と呼ばれる行為や出費が必要なのかよく考えてみましょう。

****

以上でこの記事は終わりです。
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。
自分で考え、決めて、行動して、一緒によりよい時間を増やしましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA